YCU 横浜市立大学
search

【YCU RESEARCH 2020】 COVID-19関連研究

2020.09.02
  • TOPICS
  • 研究

【YCU RESEARCH 2020】COVID-19関連研究

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の解明と新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対策が世界的に急務となっています。医学、科学分野の火急な最重要研究課題として、横浜市立大学でもCOVID-19、SARS-CoV-2に関連する研究に精力的に取り組んでいます。





新型コロナウイルスに関連する研究成果と発表論文

「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の患者血清中に含まれる抗ウイルス抗体の検出に成功」 

微生物学 梁 明秀 教授

学術院医学群 微生物学 梁 明秀教授を中心とする研究グループは、ELISA法とイムノクロマト法を用いて、新型コロナウイルス患者血清中に含まれる抗ウイルス抗体(IgG)の検出に成功しました。今後、これらの検出法について臨床的意義などの有用性を多数の患者検体で検証し、診断法の確立や試薬キットの開発、実用化を目指します。

  

「新型コロナウイルス抗原を特異的に検出できる モノクローナル抗体の作製に成功〜国産初の抗原簡易検査キット開発を目指す〜」 

微生物学 梁 明秀 教授

大学院医学研究科の梁明秀教授を中心とした共同研究グループは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)抗原を特異的に検出できるモノクローナル抗体の開発に成功しました。今回、作製した抗体は、近縁のSARSコロナウイルスや風邪の原因となるヒトコロナウイルスとは交差反応を示さず、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)だけに反応します。今後、本抗体を用いることで、簡便かつ短時間に新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)だけを正しく検出できるイムノクロマトキットの開発を目指します。新型コロナウイルスであることを迅速に特定して即時対応ができるようになれば、適切な医療や感染の拡大阻止につながります。

  

「Interpreting Diagnostic Tests for SARS-CoV-2」 

微生物学 梁 明秀 教授

The pandemic of coronavirus disease 2019 (COVID-19) continues to affect much of the world. Knowledge of diagnostic tests for severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2) is still evolving, and a clear understanding of the nature of the tests and interpretation of their findings is important. This Viewpoint describes how to interpret 2 types of diagnostic tests commonly in use for SARS-CoV-2 infections—reverse transcriptase–polymerase chain reaction (RT-PCR) and IgM and IgG enzyme-linked immunosorbent assay (ELISA)—and how the results may vary over time.

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の診断検査は、その検査の性質についての明確な理解と所見の解釈が非常に重要です。RT-PCR法(核酸検査)とELISA法(抗体検査)の2種類の
診断検査の解釈法と、その結果が経時的にどのように変化するかについて検討しています。

  

「Veno‐venous extracorporeal membrane oxygenation for severe pneumonia: COVID‐19 case in Japan」 

救急医学 谷口 隼人 助教 

Veno‐venous extracorporeal membrane oxygenation (VV‐ECMO) is one of the ultimate treatments for acute respiratory failure. However, the effectiveness of ECMO in patients with novel coronavirus disease (COVID‐19) is unknown.
A 72‐year‐old woman who was a passenger of a cruise ship tested positive for the severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS‐CoV‐2) while in quarantine on board using throat swab. Three days after admission, her condition deteriorated, and she was subsequently intubated. On day 6, VV‐ECMO was introduced. Lopinavir/ritonavir was given; continuous renal replacement therapy was also introduced. On day 10, her chest radiography and lung compliance improved. She was weaned off ECMO on day 12.

体外式膜型人工肺(Extracorporeal membrane oxygenation, ECMO, エクモ)は急性呼吸不全に対する治療法の一つで、新規コロナウイルス病(COVID‐19)患者におけるECMOの有効性について、実際の患者さんの症例をもとに検討しています。

  

「COVID‐19 first stage in Japan – how we treat ‘Diamond Princess Cruise Ship’ with 3700 passengers?」 

救急医学 竹内 一郎 教授

We report the current situation regarding the case of multiple patients who tested positive via polymerase chain reaction (PCR) for the novel coronavirus infection and were transported from the Diamond Princess cruise ship, from the viewpoint of medical facilities in Yokohama City to serve as a reference for future development of emergency medical care systems in each region. Please note that the following numbers are preliminary (unconfirmed) and may change based on the counts determined by related organizations in the future.

新規コロナウイルス感染症に対するPCR検査で陽性を示し、ダイアモンドプリンセス号から搬送された患者の症例について、今後の各地域の救急医療体制整備の参考となるよう、現状を報告しています。

  

COVID‑19 pneumonia: infection control protocol inside computed tomography suites

救急医学 中嶋賢人 助教、 放射線診断学 宇都宮大輔 教授

A novel coronavirus (severe acute respiratory syndrome coronavirus 2) causes a cluster of pneumonia cases in Wuhan, China. It spread rapidly and globally. CT imaging is helpful for the evaluation of the novel coronavirus disease 2019 (COVID-19) pneumonia. Infection control inside the CT suites is also important to prevent hospital-related transmission of COVID-19. We present our experience with infection control protocol for COVID-19 inside the CT suites.


新規コロナウイルス感染症において、CT画像は肺炎の評価に有用であり、COVID-19の院内感染を予防するためには、CTスキャン内の感染制御も重要です。CTスキャン内部のCOVID-19の感染制御プロトコールに関する経験を紹介しています。

  

「Environmental Maintenance with Effective and Useful Zoning for Severe COVID‐19 due to Protect to and from Patients and Medical Staffs」

救急医学 小川 史洋 助教、竹内一郎 教授、感染制御部 加藤英明 講師

The coronavirus disease 2019 (COVID‐19) pandemic has accelerated all over the world, and global health‐care systems have become overwhelmed with potentially infectious patients seeking testing and care. It is essential to set up effective and useful zoning to prevent the spread of infection to and from medical staff or other patients with effective use of standard precautions with personal protective equipment (PPE).
We repurposed a general ward into an acute care unit for severe COVID‐19 patients taking into consideration airflow, the direction of movement of medical staff, and prevention of the spread of infection to medical staff and other patients. We checked the daily condition and body temperature of all medical staff for 60 days.
There was no evidence of COVID‐19 infection in any medical staff or other patients during the period thanks to effective and useful zoning with PPE.

世界中の医療機関で、検査や治療の必要な患者が増加しています。医療スタッフや他の患者への感染拡大を防止するために、効果的で有用なゾーニングを設定することが不可欠であり、重症COVID‐19患者の急性期病棟内に、気流や医療スタッフの移動方向に配慮して総合診療室を設け、全医療スタッフの状態と体温を60日間確認しました。効果的かつ有効なゾーニングにより、医療従事者や他の患者へのCOVID‐19感染のエビデンスは認められませんでした。

  

Multisystem Inflammatory Syndrome in Children (MIS-C) with COVID-19: Insights from simultaneous familial Kawasaki Disease cases

附属病院 化学療法センター / 医学部 呼吸器病学教室 堀田信之 講師 

Recently, an increasing number of SARS-CoV-2 patients with COVID-19 syndrome, which overlaps with Kawasaki Disease (KD), have been reported, supporting the suggestion that infection is one of the triggers of KD. We summarized the reports of simultaneous familial KD cases to better understand the etiopathogenesis of both KD and Multisystem Inflammatory Syndrome in Children (MIS-C) related to COVID-19. Here we discuss the etiology of these syndromes from the point of view of infection and genetic susceptibility.

最近、川崎病と重複するCOVID-19症候群を有する新型コロナウイルス感染症患者が増加していることが報告されており、感染が川崎病の誘因の一つと示唆されています。COVID‐19に関連する小児における川崎病と多系統炎症性症候群(MIS‐C)の両方の病因をさらに理解するために、同時家族性の川崎病症例の報告をまとめています。感染および遺伝的要因の観点からこれらの症候群の病因について考察します。

  

Clinical course of 2019 novel coronavirus disease (COVID-19) in individuals present during the outbreak on the Diamond Princess cruise ship

感染制御部 加藤 英明 講師

We investigated the clinical course of individuals with 2019 novel coronavirus disease (COVID-19) who were transferred from the Diamond Princess cruise ship to 12 local hospitals. The conditions and clinical courses of patients with pneumonia were compared with those of patients without pneumonia. Among 70 patients (median age: 67 years) analyzed, the major symptoms were fever (64.3%), cough (54.3%), and general fatigue (24.3%). Forty-three patients (61.4%) had pneumonia. Higher body temperature, heart rate, and respiratory rate as well as higher of lactate dehydrogenase (LDH), aspartate aminotransferase (AST), and C-reactive protein (CRP) levels and lower serum albumin level and lymphocyte count were associated with the presence of pneumonia. Ground-glass opacity was found in 97.7% of the patients with pneumonia. Patients were administered neuraminidase inhibitors (20%), lopinavir/ritonavir (32.9%), and ciclesonide inhalation (11.4%). Mechanical ventilation and veno-venous extracorporeal membrane oxygenation was performed on 14 (20%) and 2 (2.9%) patients, respectively; two patients died. The median duration of intubation was 12 days. The patients with COVID-19 transferred to local hospitals during the outbreak had severe conditions and needed close monitoring. The severity of COVID-19 depends on the presence of pneumonia. High serum LDH, AST and CRP levels and low serum albumin level and lymphocyte count were found to be predictors of pneumonia. It was challenging for local hospitals to admit and treat these patients during the outbreak of COVID-19. Assessment of severity was crucial to manage a large number of patients.

ダイヤモンドプリンセス号から県内12病院に搬送された新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者70例(年齢中央値: 67歳)を解析した。主な症状は発熱(64.3%)、咳嗽(54.3%)、全身倦怠感(24.3%)であり、43例(61.4%)に肺炎が認められた。肺炎像は97.7%が両側散布性の、すりガラス状陰影であった。血清LDH, AST,CRP高値、血清アルブミン低値、リンパ球数低値が肺炎の予測因子であることが判明した。重症度の評価は、多数の患者を管理するために重要である。

  

 

AMEDに採択された研究課題

「新型コロナウイルス抗体検出を目的としたハイスループットな全自動免疫測定方法の開発及び同測定方法の社会実装に向けた研究」 

臨床統計学 山中 竹春 主任教授

横浜市立大学では、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の令和2年度ウイルス等感染症対策技術開発事業(経済産業省補正予算「ウイルス等感染症対策技術の開発事業」)として「新型コロナウイルス抗体検出を目的としたハイスループットな全自動免疫測定方法の開発及び同測定方法の社会実装に向けた研究(研究代表者:学術院医学群 臨床統計学 主任教授 山中竹春)」を開始します。

  

「COVID-19患者層別化による医療資源の最適分配とアウトカム向上」 

救急医学 竹内 一郎 教授

学術院医学群救急医学教室 竹内一郎 教授、西井基継 講師ら研究グループは、同免疫学教室 田村智彦 教授らと共同して、免疫学的解析による”層別化”を行うことに成功しました。
これらの取り組みが認められ、日本医療研究開発機構(AMED)「新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業」に研究拠点として課題が採択されました。
今後同分子病理学 藤井誠志 教授らと協力し、病理学的解析を加えてさらに詳細な”層別化”を行います。また同先端医科学研究センタープロテオーム解析センター梁 明秀 教授(同微生物学教授)、木村弥生 准教授らと協力し患者血液中のタンパク質を網羅的に解析することで、今まで行ってきた”層別化”をより簡単な血液検査で行えるバイオマーカーの探索を行います。これにより医療資源を適切に分配することで、第二波による医療崩壊を未然に防ぐことを目指します。

  

「遠隔画像診断・非曝露撮影機能を実装するCT検診車を用いた院外療養中の感染者における新型コロナウイルス肺炎の早期診断の有用性に関する実証研究」

放射線診断学 山城 恒雄 准教授

医学研究科 放射線診断学 山城恒雄 准教授が研究開発代表者として取り組む課題「遠隔画像診断・非曝露撮影機能を実装するCT検診車を用いた院外療養中の感染者における新型コロナウイルス肺炎の早期診断の有用性に関する実証研究」が、日本医療研究開発機構(以下、AMED)の「ウイルス等感染症対策技術開発事業」に採択されました(6月1日付AMED発表)。
本事業では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の代表的な疾患である、新型コロナウイルス肺炎への包括的な対策において、CT搭載車(CT検診車)を活用することを目的としています。
今後は、感染対策装備や遠隔画像診断装置の実装など、車両の最終的な整備を行い、運用を開始する予定です。

  

「『新しい生活様式』の具現化に向けたコミュニケーション・デザイン調査研究」 

コミュニケーション・デザイン・センター 西井 正造 助教

〜新興・再興感染症流行時の効果的かつ良質な情報伝達手法の確立や啓発の達成を目指します〜
SARS-CoV-2感染流行のような世界的危機を克服するためには、国民の行動変容を促すための効果的なコミュニケーション戦略が重要です。
今回、日本医療研究開発機構(AMED)「令和2年度感染症研究開発ELSIプログラム」に研究拠点として、先端医科学研究センターコミュニケーション・デザイン・センター(YCU-CDC)西井正造助教の課題が採択されました。
新規医療情報発信インターフェイスであるStreet Medical School(SMS)を核として、社会人・若年層等を主体とした情報発信体制を構築し、グラフィックやウェブ等のデザイン手法を駆使した新興・再興感染症流行時の効果的かつ良質な情報伝達手法の提案を行うことで、それが人々にどのように受け止められるかについて検証します。
本調査により、ポストコロナ期に国民から求められる確かな医療情報の量と質の要件が明らかとなるとともに「新しい生活様式」の定着に資する正しい情報に基づきデザインされた情報が制作されることで、新興・再興感染症流行時の効果的かつ良質な情報伝達手法の確立、ひいては啓発の達成が期待できます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加