YCU 横浜市立大学
search

エラスムスプラスにおける教職員交流について


エラスムスプラスについて

エラスムスプラスとは、教育・訓練・青少年・スポーツを対象とした欧州連合(EU)のプログラムで、その計画に参加している大学間の教職員及び学生の相互交流等を促進させることや欧州の成長、雇用創出、社会的公平性及び包摂の戦略及び欧州教育・訓練戦略的枠組2020への貢献を目的としていました。その後、プログラムが2027年度まで延長され、この度、2020-2023プロジェクトとして位置づけられ、本研修が開催されます。 

教職員交流について

2つの交流カテゴリーがあります。

1) Staff Mobility for Teaching Assignments (STA)

 STAでは、高等教育機関の教員が加盟の海外大学にて相互に教育活動(講義、ワークショップ、ゼミ活動等)を実施します。

2) Staff Mobility for Training (STT)

 STTでは、高等教育機関の職員が加盟の海外大学にて相互に研修(シャドウイング、観察、国際人材育成イベントへの参加等)を実施します。
※現地国際会議への参加・出席は、本計画の対象外活動となります。

【2020-2023】スペインでの教職員交流について

行き先
スペイン、マドリードのマドリード・コンプルテンセ大学(UCM)

対象
本プログラムは、エラスムスプラスにおける活動に関心を持つ、本学の教員及び職員を対象とします。
*選考を通過した方は、2023年7月31日まで交流を実施することが可能です。コロナ禍により、現在は渡航が難しい状況ですが、来年は改善する可能性もありますので、ぜひ前向きに応募をご検討ください。

経済的支援
宿泊費や海外旅行保険等は参加者が負担しますが、下記の通り、UCMが申請するEUの資金助成制度により支援を受けることができます。また、UCMより大学周辺宿泊先をご紹介いただけます。
 1) 日当:160ユーロ/日(渡航日含む)
 2) 航空券支援金(横浜→マドリード→横浜):1500ユーロまで
※ 渡航前PCR検査や海外旅行保険等上記以外の費用は、自己負担。宿泊費は日当から賄うことが前提。
 
申込みの前に、下記の各交流カテゴリーの詳細をご確認ください。

※お申込みは、教員交流の場合、MS Formsのため、YCUメールにログインすることが必要となります。
 職員交流の場合は、以下よりWordをダウンロードの上、下記案内に従い、人事課人事担当へ提出してください。

教員交流

1 派遣期間
  ・5日間で最低8時間の活動(活動内容・時間の詳細は先方との調整が必要です。)
  ・活動は、2023年7月31日までに終了すること。
 ※日程については、選考通過後にUCMと調整可能。但し、応募の際には仮日程が必要。

2 定員
  1名

3 実施言語
  ・英語、またはスペイン語(B2レベル以上)

4 分野
  ・指定なし

5 応募手続き
  (1) 専任教員は募集期限までに上記指定Formsにアクセスし応募すること。

  (2) 申込の際、下記3点の書類(英)を提出すること
  ・パスポートのコピー
  ・履歴書
  ・UCM教員からの招待状(Eメール可)
※受け入れて頂けるUCM教員をUCMのHP等でお調べください。サポートが必要な場合、UCMのエラスムスプラス事務局(epsocio@ucm.es)へご連絡ください。その際、履歴書及びUCMで実施したい活動の説明を添付することをおすすめします。

  (3) 募集期限後、書類選考を行います。必要に応じて面接を受けて頂くことがあります。

  (4) 結果発表については、Eメールで応募者にお知らせします。

本プログラムについて不明点等がありましたら、ページの下に記載の連絡先に日本語か英語でお問合せください。

職員交流

1 派遣研修先及び派遣研修期間
  (1) 研修先
   スペイン マドリード・コンプルテンセ大学(UCM)
  (2) 研修期間
   令和4年10月17日(月)~10月20日(木)
  ※原則、行きの便は15日(土)~16日(日)、帰りの便は21日(金)現地出国

2 研修のねらい・効果
  (1) 研修に参加する海外の大学職員と交流することで、グローバルマインドを身に着けるとともに、
     ダイバーシティの意識醸成ができる
  (2) UCMのノウハウについて学ぶことで、グローバルな視点での提案力の醸成ができる
  (3) より高い語学力が身につく

3 プログラム内容
  10月17日(月)
   ・プログラム受付
  10月18日(火)
   ・AM : キックオフ、参加者による自己紹介・大学の紹介(3分)
   ・PM : スペイン語・スペイン文化についてレクチャー
  10月19日(水)
   ・AM : UCMの国際取組の紹介、国際化グッドプラクティスについてグループワーク、
         高等教育における国際化と技術についてレクチャー
   ・PM : キャンパスツアー
  10月20日(木)
   ・AM : ヨーロッパ内大学同盟・国際大学同盟の現状と今後についてレクチャー、
         マドリードとUCMの文化資源ワークショップ
  ※詳細は下記「11」下の「詳しく見る」から英文プログラムをご覧ください。

4 応募資格
  事務系総合職職員 (職員Ⅰ~Ⅲ、管理職)
  ※本研修は大学職員間の交流を目的とするため、現在の業務内容や所属する部門は問いません。

5 実施言語
  英語(B1レベル(ヨーロッパ言語共通参照枠)・概ねTOEIC600点以上)

6 費用負担
  上記「経済的支援」の通り。

7 定員
  1名

8 応募方法
  研修申込書を上記「職員交流の申込はこちら」ボタンからダウンロードの上、必要事項を記入し、所属長を通じて提出してください。
  ※申込書にあたっては、所属長が推薦理由を記入する必要があります。
  【送付先】 人事課人事担当(担当:水野)  sdkensyu@yokohama-cu.ac.jp
  【提出期限】 令和4年8月19日(金)17時まで

9 選考方法
  人事課及びグローバル推進室にて、研修申込書・勤務実績等をもとに審査を行い、決定します。
  ※状況によっては、個別面談等行う場合があります。

10 選考結果通知
  令和4年8月下旬(予定)
  選考結果は、人事課より所属長を通じて本人へ通知します。
  受講者決定後の諸手続きについては、グローバル推進室と調整しながら進めていただきます。

11 その他
  本研修の詳細等ご不明点がある場合、グローバル推進室(エラスムスプラス担当)へお問い合わせください。

詳しく見る

グローバル推進室 エラスムスプラス担当

国際交流・留学