YCU 横浜市立大学

データサイエンス学部

データサイエンス学部
School of Data Science

2018年4月、首都圏初のデータサイエンス学部誕生。 

今社会はIoT(Internet of Things)の活用によりすべてのモノがつながり、「第4次産業革命」を迎えつつあり、医療関連のデータからSNSの何気ないつぶやきまで、日々膨大なデータが生まれ蓄積されています。データサイエンス学部が育成するのは、そんな膨大なデータの中から新たな社会的な価値を創造できる人材。データを読み解くために必要な数理や統計の基礎的な知識をはじめ、社会で不可欠なコミュニケーション能力や、イノベーションを起こす発想力、そして次世代に通用するビジネス力を学んでいきます。

データサイエンス学科

日々蓄積されていく膨大なビッグデータを解析し、新たな社会的価値を創造する。そんな、データの持つ力で未来を創るのがデータサイエンスです。

データサイエンス学科
データサイエンス学科

目指す人材・学び

  • データサイエンスの専門教育と文系・理系にとらわれない広範な教育で、「未来の芽」を見つけ出す底力を培います。
  • データが生まれる現場でPBL(Project-Based Learning、課題解決型学習)を行い、実践的な学びの機会を数多く持ちます。
  • 世界がフィールドとなるデータサイエンス領域で活躍するための英語力を身につけます。

データサイエンス学科の特色

データを読み解くために必要な数理や統計の基礎的な知識をはじめ、社会で不可欠なコミュニケーション力や、イノベーションを起こす発想力、次世代に通用するビジネス力を養成。日々データが生まれ蓄積される今、そこから新たな社会的価値を創造できる人材を育成します。
データサイエンス学部が育てるのは、文理融合の知を持った人材です。

学部長メッセージ

データサイエンス推進センター長  岩崎 学

変化の時代をデータの力で切り拓く新学部

情報技術の飛躍的な進歩に伴い、社会のあらゆる所に多種多様なデータが蓄積されつつあります。そのようなデータから価値を見出し、データに基づく意思決定ができる人材が求められています。変化する社会であるからこそ、どんな場合にも変わらない確固とした基礎力を備え、その上で、柔軟な発想で変化に対応する力、あるいは変化を生み出す力が必要となります。
データサイエンス学部は次世代を担う新しい学部です。一緒に歴史の一歩を踏み出しませんか。

 
 

NEWS

メディア掲載情報