YCU 横浜市立大学

理学部 理学部

理学部
School of Science

多角的アプローチで
生命現象を理学的に解明する

「生命現象」の理解と解明のためには従来の生物学だけではなく、物理学や化学などを含めた総合的な理学的知識が必要であり、さらにナノテクノロジーやデータサイエンスなどの最先端テクノロジーを駆使した多面的なアプローチが必要です。理学部では、物質科学や生命科学、そしてこれらの融合領域の専門知識を学修し、物質科学の概念を持ちながら、細胞・個体スケールの生命現象をとらえることができる人材、生命現象を原子・分子スケールで起こる物理・化学現象としてとらえることができる人材、医学・工学・農学などとの連携研究にも積極的に挑戦できる人材を育てます。

理学科

自然科学の先端分野は急速に進展しており、脳研究や再生医療などに見られるように、人の生命現象をも解明されようとしています。こうした先端研究分野において求められる人材を育成するために、物理学・化学・生物学の基盤的学問分野を横断的に学び、それらを融合した多面的な考え方のできる人材を育成します。

理学科
理学科

目指す人材・学び

  • 自然科学分野の基礎を全般的に学ぶことで、理学を体験的に理解し、自然現象を物質及び生命の両方の観点から多角的に捉えられる知識を学びます。
  • 医学・農学・工学などと連携した研究分野でも将来活躍することができる、課題発見能力や課題解決能力を身に付けます。
  • 共通教養や科学英語はもとより、研究倫理などの社会的背景についての教養を身に付けます。

理学部の特色

物理・化学・生物といった自然科学の基礎全般を学ぶことで、物質科学的概念を持ちながら、細胞・個体スケールの生命現象をとらえることができる人材、生命現象を原子・分子スケールで起こる物理・化学現象としてとらえることができる人材、そして、医学・農学・工学などとの連携研究にも積極的に挑戦できる人材を育成します。

学部長メッセージ

理学部 学部長(就任予定) 教授 篠﨑 一英
今日の科学は、これまでの物理学・化学・生物学といった細分化されたアプローチでは対応できないほど高度化し複雑化が進んでいます。
理学部は研究と教育の中心に「生命現象」の理解と解明を置いていますが、そのためには従来の生物学だけではなく、物理学や化学などを含めた総合的な理学的知識が必要であり、さらにナノテクノロジーやデータサイエンスなどの最先端テクノロジーを駆使した多面的なアプローチが必要です。
そこで理学部では、物質科学や生命科学、そしてこれらの融合領域の専門知識を学修し、物質科学の概念を持ちながら、細胞・個体スケールの生命現象をとらえることができる人材、生命現象を原子・分子スケールで起こる物理・化学現象としてとらえることができる人材、医学・工学・農学などとの連携研究にも積極的に挑戦できる人材を育てます。

学部カリキュラム

重要なお知らせ