YCU 横浜市立大学
search

沿革

横浜市立大学の歴史は古く、昭和3(1928)年に設立した横浜市立横浜商業専門学校(Y専)まで遡ります。その後、昭和19(1944)年設立の横浜市立医学専門学校、後の横浜医科大学と統合し、横浜市立大学としてその歴史と伝統を育んできました。
明治の早い時期に商業学校が設立されたのは、横浜が当時の日本における第一の貿易港であり、国際商業都市であったことによります。
その後、1949(昭和24)年に新制大学として発足。以来、開国・開港の地、横浜にふさわしく、開放的で国際性、進取性に富む学風は、横浜市立大学の伝統として今も受け継がれ、実践力のある数多くの優れた人材を輩出しています。
明治4 仮病院設立
5 横浜中病院開院。中病院を移転し、横浜共立病院と改称
7 神奈川県に移管し、県立十全医院に改称
15 横浜商法学校設立
21 横浜商業学校に改称
24 横浜市に移管し、横浜市十全医院に改称
大正6 横浜市立横浜商業学校(Y校)に改称
昭和3 横浜市立横浜商業専門学校(Y専)設立
8 横浜経済研究所設置
19 横浜市立経済専門学校に改称
  横浜市立医学専門学校設立
  横浜市立医学専門学校附属十全医院に改称
24 新制大学として横浜市立大学設立(商学部)
  横浜医科大学設立
  横浜市立大学経済研究所に改称
  横浜医科大学病院に改称
27 文理学部が発足し、3学部(商・文理・医)となる
29 横浜市立大学医学部病院に改称
36 大学院医学研究科(博士課程)設置
41 横浜市立高等看護学校/横浜市立准看護学校設立
45 大学院経営学研究科(修士課程)、大学院経済学研究科(修士課程)設置
46 市立高等看護学校/市立准看護学校を再編、医学部付属高等看護学校に改称
59 木原生物学研究所設立 財団法人木原生物学研究所より移管され、附置研究所となる
平成元 大学院総合理学研究科(修士課程)設置
3 大学院経営学研究科(博士後期課程)、大学院総合理学研究科(博士後期課程)設置
   医学部附属病院開院、医学部附属浦舟病院に改称
5 大学院国際文化研究科(修士課程)設置
7 文理学部を改組し、国際文化学部・理学部設置
   横浜市立大学看護短期大学部設置
8 大学院国際文化研究科(博士後期課程)設置
9 大学院経済学研究科(博士後期課程)設置
10 大学院医学研究科(医科学専攻/修士課程)設置
12 医学部附属浦舟病院を医学部附属市民総合医療センターに改称
13 大学院総合理学研究科(連携大学院/生体超分子システム科学専攻博士後期課程)設置
  鶴見キャンパス設置
17 公立大学法人横浜市立大学発足
  商学部・国際文化学部・理学部の3学部を統合、国際総合科学部設置
  看護短期大学部募集停止。医学部に統合し医学部看護学科を設置
  経営学研究科、経済学研究科、理学研究科、国際文化研究科を統合し、大学院国際総合科学研究科を設置
  公立大学法人横浜市立大学附属病院、公立大学法人横浜市立大学附属市民総合医療センターとなる
21 大学院国際総合科学研究科を再編し、国際マネジメント研究科、都市社会文化研究科、生命ナノシステム科学研究科を設置
22 大学院医学研究科看護学専攻(修士課程)設置
25 大学院生命医科学研究科設置
30 データサイエンス学部、大学院医学研究科看護学専攻(博士後期課程)設置

横浜市立大学の歴史