医療関係者の方へ

連携NEWS「市大センター病院における一般内科の役割とは?」

2024年2月22日公開

診断と治療

横浜市立大学附属市民総合医療センターの理念・基本方針に則り、一般内科では「診断のついていない症状や健康問題をお持ちの患者さんに対し、生物・心理・社会の三方向からアプローチする包括的な視点での臓器横断的診療」を行っています。海外研究により「診断プロセスの約80%は病歴情報の分析に依存する。」ことが示されており、特に医療面接による病歴情報の解析、詳細な身体診察に重点を置いた診療を行っています。一般内科では、診断未確定の症状、健康問題に対する診断、治療方針の提言を適切に行い、原因臓器、紹介先診療科が特定できない患者の診断、治療方針の提言を適切に行い、各診療科との連携・協力体制の維持、充実に努めています。
また、横浜市ならびに神奈川県内での中核施設として、市民のニーズや期待に応えられる診療科を目指します。市大センター病院一般内科では、主に以下の5つの目標に沿って診療を行っています。
 
  1. 市民が安心して医療を受けられるよう、安全管理を徹底し、適切な診断推論のプロセスに沿って質の高い医療を提供します。
  2. 学生、研修医、若手医師の臨床教育に力を入れ、将来の医療を担う後進の育成に力を注ぎます。
  3. 社会貢献として、講演会やセミナーを開催する。市民対象として疾患の予防や早期発見の啓発活動を行います。また、医療従事者対象として病歴分析を中心とした診断推論法の普及に努め、地域医療連携を促進します。
  4. 診断や治療成績の向上に直結した臨床研究を積極的に推進し、新しい知見の創造を目指します。
  5. 診断のついていない症状や健康問題を抱える患者に対し、生物・心理・社会の三方向から包括的統合アプローチを用いて臓器横断的診療を行います。
 
また、一般内科は、各専門診療科との連携を日々行いつつ、包括的統合アプローチを用いて、未分化な問題、境界領域、多疾患併存、複雑困難事例などにも診断や治療方針の提言を適切に行います。

注意点・フォローの仕方

診断確定後、当院の当該診療科または適切な医療機関をご紹介するか、またはご紹介元での治療をお願いしています。かかりつけ医機能はございませんのでご留意を頂けますと幸いです。

患者さんを紹介する際の必要な情報や基準について

一般内科では、
  • 診断未確定の症状、健康問題に対する診断、治療方針の提言
  • 原因臓器、紹介先診療科が特定できない患者さんの診断、治療方針の提言
を行っていますため、上記に該当する全ての患者さんが対象となります。
 
ただし、一般内科は病床を持たず、外来診療のみを行っています。緊急な入院加療が必要な場合は、診療科を指定してご紹介ください。一般内科で、入院を目的としたご紹介にはお応えできませんので、ご配慮をお願いします。当科は月曜日、水曜日に完全予約制の初診受付を行っております。患者さんの経済的負担を減らすため、これまでに施行された検査の結果とこれまでの経緯につき診療情報提供をお願いしております。

逆紹介後のフォローアップで気を付けて欲しいこと

診断確定後、当院の当該診療科または適切な医療機関をご紹介するか、またはご紹介元での治療をお願いしています。かかりつけ医機能はございませんのでご留意を頂けますと幸いです。逆紹介の際には、診断未確定の症状、健康問題に対する診断、治療方針の提言につきまして丁寧で分かりやすい紹介状および返書を作成させて頂くよう留意しています。

診療科からのメッセージ

当科では複数の専門診療科を受診して検査を行っても診断がつかない症状や健康問題でお困りの患者さんに適切な診断と治療の方向付けを行っています。患者さんが医療機関を受診するには様々な理由があります。「健診で異常を指摘された。」など検査の異常のこともあれば、「痛み」「しびれ」「めまい」「息苦しい」「倦怠感」「長引く発熱」など様々な「症状」を訴えて受診されます。しかし、患者さんの訴える症状は主観的であることも多く、細分化された医療体系を統合し俯瞰的に広角に「症状」を分析しアプローチを行う必要があります。当科では診断学、症候学の厳しいトレーニングを積んだ医師が、患者さんに症状のはじまりの時期から今日に至るまでの病状経過を詳細にうかがうことによって得られる「固有の病歴」を分析し、適切な診断を行っています。難病、稀少疾患については当院各専門診療科と連携し治療にあたります。患者さんの健康問題がいち早く解決できるよう努めております。先生方の貴重な患者さんが健康な生活に戻れますようお役に立てますと幸甚です。

お知らせ

なお一般内科は、2024年4月より「総合診療科」に診療科名に変更いたします。

一般内科 教授(部長) 太田 光泰

一般内科 教授(部長) 太田 光泰の写真一般内科 教授(部長) 太田 光泰の写真

1993年 横浜市立大学医学部卒
横浜市立大学医学部附属病院初期臨床研修を経て
横浜南共済病院、神奈川県立足柄上病院など県内基幹病院で勤務後
2008年 横浜市立大学附属市民総合医療センター(旧)総合診療科助教
2010年 千葉大学医学部附属病院総合診療部・千葉大学医学研究院 循環型地域連携システム学
(千葉県寄付講座)准教授
2013年 神奈川県立足柄上病院総合診療科 担当部長・地域連携室長
2017年 横浜市立大学 医学部 医学教育学・総合診療医学 教授
2018年 横浜市立大学附属病院 総合診療科 部長
2023年 横浜市立大学附属市民総合医療センター 一般内科 部長(兼任)
2024年4月から 一般内科より(新)総合診療科へ科名変更

一般内科 助教(部長代理) 石塚 晃介

一般内科 助教(部長代理) 石塚 晃介の写真一般内科 助教(部長代理) 石塚 晃介の写真

2016年3月 横浜市立大学医学部医学科卒業 2016年4月 地域医療振興協会 練馬光が丘病院 初期臨床研修医 2018年4月 千葉大学医学部附属病院総合診療科 専攻医 2021年4月 国際医療福祉大学成田病院総合診療科 医員 2022年4月 聖マリアンナ医科大学総合診療内科 助教 2023年4月 横浜市立大学医学部総合診療医学助教/附属市民総合医療センター一般内科部長代理

関連リンク