YCU 横浜市立大学
search

海外への渡航および海外から帰国された方へ

2020.07.15
  • TOPICS

海外への渡航について(7/15更新)

(7/15更新)
7月15日時点において、外務省は引き続き、全世界に対しレベル2以上の危険情報発出を続けています。
大学運営の海外派遣プログラムは夏季休業期間までのプログラムを中止しています。
また、今秋の交換留学の出発を見合わせています。

(5/7時点お知らせ)
日本国外務省は3月25日、全世界(別途感染症危険情報を発出している国・地域を除く。)に対して、感染症危険情報レベルを1(十分注意してください) からレベル2(不要・不急の渡航は止めてください)に、引き上げました。
その後も各国に対する危険情報レベルの引き上げは段階的に続き、5月7日現時点で、多くの国がレベル3(渡航は止めてください)になっています。

また、多くの国で外国人の入国を制限する措置がとられております。
以上を踏まえ、国や地域を問わず、不要・不急の海外渡航は止めてください。

外務省 海外安全ホームページ」の各国・地域における入国制限・行動制限情報新型コロナウイルスの感染状況等、日々確認してください。

  • 学生の海外派遣に関する注意事項は、「YCU-Portal」に掲載します。学生の皆さんは、随時最新情報を確認してください。
  • 教職員の海外渡航に関する情報は、「YCU-Net」に掲載する学内通知【新型コロナウイルス関連通知】も併せてご確認ください。

海外から帰国された方(7/15更新)

(7/15更新)
7月15日時点においても各国の新型コロナウイルス感染症拡大は続いているため、海外から帰国された方は、下記の対応を行ってください。

  • 海外から帰国された方は、渡航元の感染症危険情報レベルにかかわらず、2週間の検温や体調の記録など、健康観察をお願いします。その際は、添付の健康観察票をご利用ください。
  • 外務省通知「日本における新型コロナウイルスに関する水際対策強化」にて指定される地域から帰国された方は、当該通知の指示に従ってください。不要不急の外出を避け、14日間の自宅待機などを行ってください。
  • 咳や発熱等の症状がある場合には、マスクを着用するなどし、保健管理センターのホームページにある指示に従ってください。
  • 流行地から帰国した、または新型コロナウイルスに感染した方と接触したなど感染が心配な方は、「新型コロナウイルス感染症帰国者・接触者相談センター」に連絡したうえで、指示に従い、医療機関を受診してください。

    新型コロナウイルス感染症帰国者・接触者相談センター
      電話番号:045-664-7761 (神奈川県の場合、居住地ごとに設置されています。)
      開設時間:午前9時から午後9時まで(土日、祝日含む)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加