横浜市立大学基金横浜市立大学基金
search

新型コロナウイルス緊急対策基金へのご支援のお願い

新型コロナウイルス緊急対策基金へのご支援のお願い

横浜市立大学は新型コロナウイルス感染症患者の治療にあたる附属2病院や、学生への経済的支援のため「新型コロナウイルス緊急対策基金」を設置し、大学・病院への支援を募っています。
本学附属病院及び附属市民総合医療センターでは、市域・県域における新型コロナウイルス感染症患者を積極的に受入れ、重症者を中心とした診療にあたるとともに、がん治療や救急医療等といった従来の医療機能を維持するため、最善を尽くしてまいりました。
また、大学では学生が安心して学修できる環境確保のため、5月7日からオンライン授業を開始するとともに、経済的に困窮する学生の支援についても準備を進めています。
この度、附属2病院の医療従事者と経済的な不安を抱える学生を大学全体で支援すべきと判断し、また、市民や患者さんからご支援のお申し出を多くいただいていることから、「新型コロナウイルス緊急対策基金」を立ち上げました。
お寄せいただいた寄附金は、附属2病院の診療機能の拡充や医療従事者への支援、学生への経済支援等、本学における新型コロナウイルスへの対応に活用させていただきます。
なお、この間、多くの患者様、企業様から温かいご支援・ご寄附を頂きましたことをご報告をするとともに心より感謝申し上げます。

寄附金総額 ¥7,341,000
寄附件数   113件 
令和2年7月5日時点(寄附金申込) 
診療にあたる医療従事者 診療にあたる医療従事者

募集期間と使途

【概要】
1.募集期間
令和2年5月12日~9月30日
2.基金の使途
(1)附属2病院への支援
・新型コロナウイルス感染症の医療対策(予防・診断・治療・研究)
・医療従事者の診療環境整備(感染予防資材、検査機器等)
(2)学生への支援
・学生への経済的支援
・オンライン授業のための学修環境整備

 
 ※法人の方は下記へご連絡をお願い致します。
横浜市立大学 企画財務課 基金担当
TEL:045(787)2447
Mail:kifu@yokohama-cu.ac.jp

新型コロナウイルス感染症対策へ向けた現場での取り組み

COVID-19患者の治療と院内感染対策に奮闘する医療現場から~感染制御部の取り組み

遠隔授業の取り組みについて

附属2病院における新型コロナウイルスへの対応

新型コロナウイルス感染症に対応する現場

新型コロナウイルス関連の研究について

日本医療研究開発機構(AMED)の補助事業により「新型コロナウイルス抗体検出を目的としたハイスループットな全自動免疫測定方法の開発及び同測定方法の社会実装に向けた研究」を開始します

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の患者血清中に含まれる抗ウイルス抗体の検出に成功

医療従事者から感謝の声

詳しく見る

寄附をする