YCU 横浜市立大学
search

日本学生支援機構奨学金(機構奨学金)

日本学生支援機構奨学金(機構奨学金)

日本学生支援機構(旧日本育英会)が行う貸与型の奨学金です。法律に基づいて施行されている奨学金で、採用数が多く、正規の修業年限にわたり貸与されます。

新規申請を考えている方へ(申請中の方へ)

毎年4月頃に定期採用の案内を行います。奨学金の募集は、原則この1回になりますので、受給希望者は必ず指定の場所に資料を取りに来てください。

現在受給している方へ

奨学金継続手続き、貸与月額の変更、口座・住所変更等の手続きはこちらをご確認ください。

家計が急変した方へ

家計急変等により急遽奨学金が必要となった場合は、緊急・応急採用の対象となる場合があります。

奨学金返還対象者の方へ

奨学金貸与終了後は返還が義務付けられていますが、学生の場合は「在学届」を提出することで、返還開始を猶予してもらうことができます。

【参考】貸与月額

◆学部生(平成29年度以前入学者)

●第一種(無利子)
30,000円または
自宅通学者45,000円 自宅外通学者51,000円 

●第二種(有利子)
20,000円/30,000円/40,000円/50,000円/60,000円/70,000円
80,000円/ 90,000円/100,000円/110,000円/120,000円
から選択

◆学部生(平成30年度以降入学者)

・第一種(無利子)
自宅通学者20,000円/30,000円/45,000円(※)から選択
自宅外通学者20,000円/30,000円/40,000円/51,000円(※)から選択
※平成30年度以降入学者が第一種奨学金の最高月額を希望する場合、機構が定めた家計基準を満たす必要あります。
※以下に該当する方は、追加の要件があります。(該当しない場合は上記の金額に変更はありません)
 ・令和2年度以降第一種奨学金を新規で申し込まれる方
 ・令和2年度以前から第一種奨学金を借りていて、令和2年度から給付奨学金を申し込まれた方
 <追加要件>
 第一種奨学金を利用し、「自宅外」を選択する場合は、ア~オのいずれかの要件に該当する必要があります。
  ア 実家(生計維持者いずれもの住所)から大学等までの通学距離が片道60キロメートル以上(目安)
  イ 実家から大学等までの通学時間が片道120分以上(目安)
  ウ 実家から大学等までの通学費が月1万円以上(目安)
  エ 実家から大学等までの通学時間が片道90分以上であって、通学時間帯に利用できる交通機関の運行本数が
    1時間当り1本以下(目安)
  オ その他やむを得ない特別な事情により、学業との関連で、実家からの通学が困難である場合
 (注)大学に登録している住所で「自宅外」であるか確認をします。住所変更をしたら、各キャンパス窓口
   (八景は教務担当)で手続きをしてください。
    なお、「自宅外」が確認できなかった場合は、月額変更の手続きをしていただきます。
※令和2年以降採用の給付奨学金又は修学支援新制度による授業料減免を受けている場合、同時に受けることが
 できる第一種奨学金は上記の金額とは異なります。下記の添付データをご確認ください。

・第二種(有利子)
20,000円/30,000円/40,000円/50,000円/60,000円/70,000円
80,000円/ 90,000円/100,000円/110,000円/120,000円
から選択

◆大学院生

・第一種(無利子)
【修士・博士前期課程】50,000円/88,000円
【博士・博士後期課程】80,000円/122,000円

・第二種(有利子)
50,000円/80,000円/100,000円/130,000円/ 150,000円から選択

事務室案内

窓口に直接ご本人がお越しの上、お問い合わせください。電話応対は緊急時のみです。(お答えできかねる場合もあります。)
開室時間
8:45~17:15*
*金沢八景キャンパスは17:00まで(授業期間外は15:00まで)
月曜日~金曜日
(年末年始・祝日除く)

金沢八景キャンパス
学生支援課学生担当
YCUスクエア1階
045-787-2038 

福浦キャンパス
福浦キャンパス学務・教務課
基礎研究棟1階
045-787-2538

鶴見キャンパス
鶴見キャンパス事務室
講義棟1階 事務室
045-508-7202

舞岡キャンパス
舞岡キャンパス事務室
管理棟1階 事務室
045-820-1900