YCU 横浜市立大学
search

CDC、横浜市と「医療に関する総合的な市民啓発に関する連携協力協定」を締結

2018.10.04
  • TOPICS
  • 研究
  • 地域
  • 医療

CDC、横浜市と「医療に関する総合的な市民啓発に関する連携協力協定」を締結しました

本年6月に本学先端医科学研究センターに開設された、「横浜市立大学コミュニケーション・デザイン・センター」(CDC)と横浜市は、10月3日に医療に関する広報の新たなコンセプト「医療の視点」の取組の実施にあたって、連携協力協定を締結しました。
今後、医療を受ける市民へ適切な情報提供を行い、知識の向上を図るとともに、医療資源の効果的・効率的な活用を目指します。

横浜市「医療の視点」プロジェクトについて

具体的なアクション第1弾として、11月16日(金)~18日(日)に横浜のマークイズみなとみらいにて、「視点を変える展」イベントを開催。親子連れでクリスマスの謎解きや写真撮影を楽しみながら、医療に関する気づきを得て「視点を変え」ていただける内容となる予定です。

左から、株式会社メディカルノート  井上 祥氏、横浜市市長 林 文子氏、MSD株式会社 ヤニー・ウェストハイゼン氏、横浜市大 武部 貴則教授
  • このエントリーをはてなブックマークに追加