YCU 横浜市立大学
search

大学院生海外活動奨励制度募集要項

令和2年度 大学院生海外活動奨励制度募集要項

学会発表や共同研究(短期滞在)、調査研究等のため、海外へ渡航またはオンライン参加する本学大学院生に対し、予算の範囲内で奨励金を支給します。

1 申請資格

本学大学院に在籍している学生のうち、国際学会発表、共同研究、海外調査研究等のために、海外渡航またはオンライン参加をする者。
申請時点において、外務省海外安全情報HPで渡航先国がレベル2以上の安全情報が発令されている場合、海外渡航による申請は認められません。申請後にレベル2以上の安全情報が発令された場合は、申請取り消しとなります。
なお、申請は年間に1回の渡航またはオンライン参加のみ可能です。(前年度に申請した方も申請可。)また、対象の活動につき、研究費など別の補助金の支給を受ける場合、自分が実際に負担した金額以上の支給を受けることはできません。
※海外FW・国際リトリート等で海外渡航する場合は、対象外です。

2 申請方法

下記に記す申請書類(3 申請書類を参照)を、指導教員の推薦を得た上で指定期間内に提出してください。
※郵送する場合、『大学院生海外活動奨励制度申請書類在中』と朱書きしてください。
申請受付期間
(必着)
対象の渡航時期
*帰国日が以下の期間
研究科 提出先
R2年
10月26日(月)~
11月6日(金)
13:00まで
R2年4月1日~
R3年3月31日
※渡航期間が未定の場合には、
事前にグローバル推進室へ
ご相談ください。
※日本発着日が年度内となる
ようにしてください。
医学研究科 【直接提出・郵送で提出 いずれの方法でも可】
・直接提出:
福浦キャンパス 医学教育推進課内 医学部長室
・郵送宛先:
〒236-0004 横浜市金沢区福浦3-9
横浜市立大学 医学教育推進課 医学部長室 
生命ナノシステム科学研究科、
国際マネジメント研究科、
都市社会文化研究科
データサイエンス研究科
【郵送提出のみ】
・郵送宛先:
〒236-0027 横浜市金沢区瀬戸22-2
横浜市立大学 グローバル推進室
 
生命医科学研究科 【直接提出・郵送で提出 いずれの方法でも可】
・直接提出:
鶴見キャンパス事務室
・郵送宛先:
〒230-0045 横浜市鶴見区末広町1-7-29
横浜市立大学 教育推進課 鶴見キャンパス担当 
(鶴見キャンパス事務室)

3 申請書類

(1) 大学院生海外活動奨励金申請カバーシート(様式あり。ダウンロード可)
(2) 大学院生海外活動奨励金支給申請書(様式、記入例あり。ダウンロード可)
(3) 当該学会の概要及び発表内容並びに発表の承認関係書類等(学会発表の場合)
(4) 研究計画及び渡航先の研究機関の概要並びに受入承認関係書類等(共同研究・海外調査研究の場合)
(5) 渡航諸経費の領収書(航空券、宿泊費等)【事前申請者は見積書】
(6) 報告書(奨励金支給の申請をした活動の報告書及び発表・共同研究等の写真等)【様式自由】
(7) パスポートの出入国印がスタンプされたページの写し
   ※自動化ゲートを通り、いずれかの出入国印がない場合は、その旨を記載してください。
   全く出入国印がない場合は、カバーシートに案内のとおり書類を作成し提出してください。
(8) 渡航について、他の補助金(研究室の研究費等)を受給する場合は、受給金額が分かる資料の写し
(9) 日本学術振興会特別研究員合格者は、合格を示す書類。
   (または、これに準ずる程度優秀であることを示す書類)
(10)(医学研究科のみ)1.業績一覧 2.応募理由書(A4用紙1枚程度)【様式自由】

※全ての提出書類について、外国語で記載されている場合は、関連部分の和訳を提出してください。
※A4サイズにそろえて提出してください。

申請カバーシート及び申請書は、下記リンクよりダウンロードして入手ください。

4 結果通知および奨励金の支給時期(目安)

結果は、YCUメールのアドレスに通知します。奨励金支給時期は、令和3年2月下旬を予定しています。(帰国日が令和3年1月以降の場合は、令和3年4月下旬の支給(予定)となります。)

5 支給限度額について

当奨励金は、渡航地域により、限度額が設定されています。実際の費用が限度額以内の場合はその額を、限度額を超えている場合は、限度額が支給されます。
対象地域 奨励金支給限度額
ヨーロッパ、中南米、中近東及びアフリカ地域 112,500円
北米東海岸及び南部 90,000円
北米西海岸(ハワイ含む) 67,500円
オセアニア 75,000円
アジア(台湾・韓国を除く) 60,000円
台湾・韓国 30,000円
オンラインによる海外教育研究活動 20,000円

グローバル推進室

国際交流・留学