{

HOME  > 診療科・部門案内  > 診療部門  > 形成外科

形成外科

診療案内

・主に顔面、四肢、体幹における形態異常を対象疾患としている
・顔面や手足などの先天異常(唇顎口蓋裂、小耳症、多合指症など)
・皮膚皮下の良性腫瘍や悪性腫瘍、皮膚色素疾患、やけど、顔面骨骨折などの外傷、傷痕、瘢痕拘縮
・悪性腫瘍の診断で他科において切除された組織欠損部への移植などによる再建(乳房再建、舌再建、頭蓋底再建など)
・スーパーマイクロサージャリーによる治療(リンパ浮腫、切断指再接着術、神経縫合術、腹腔内血管吻合術など)

特殊検査・処置・入院・手術のご案内

術式名称:涙道内視鏡検査
所要時間:外来20分程度
説  明:涙の通り道の詰まった部分を同定し、tubeをいれることが困難な時に威力を発揮します。また、涙道内の観察により涙石をみつけて、そのまま摘出することが可能です。

術式名称:超高周波超音波診断装置
所要時間:外来20分程度
説  明:70MHzの超高周波を用いてリンパ管の正確な位置を同定するのに役立ちます。LVA(リンパ管静脈吻合術)の術前検査として有用です。この超高周波は大学病院の中でも限られた施設しかもっておりません。

術式名称:リンパ管静脈吻合術
所要時間:入院6時間、1週間入院
説  明:全身麻酔下に、一度に5-7か所リンパ管と静脈を吻合します。

術式名称:眼瞼下垂手術
所要時間:60~120分、3日間
説  明:午前中に入院し、午後に手術を行います。術後2日目に退院します。

紹介していただく時の留意事項

手術歴のある患者さんは、手術記録を持参して頂くようお願い致します。

専門外来・セカンドオピニオン

・リンパ浮腫外来:毎週火曜日 午後
         第4金曜日 午後
・再 建 外 来:第1火曜日 午後
・眼瞼・涙道・眼窩外来:毎週月曜日 午前

ページトップへ