YCU 横浜市立大学
search

【開催報告】国連開発計画(UNDP)セミナー

【開催報告】国連開発計画(UNDP)セミナーを開催しました。

UNDP アフリカ局 小松原 茂樹氏講演

 2018628日(木)に本学にて、国連開発計画(UNDP)セミナーを開催しました。

ニューヨーク国連本部のUNDPアフリカ局で、TICADプログラムアドバイザーとして活躍されている小松原茂樹氏をお招きして、講演会を開催しました。「アフリカ開発とTICAD」というテーマで、アフリカ開発におけるSDGs、また、2019年に横浜で開催されるTICAD7(第7回アフリカ開発会議)やTICADにおけるUNDPの役割等についてお話しいただきました。

当日は、120名の学生が会場に訪れ、ピオニーホールがいっぱいになりました。小松原氏は、ニューヨーク日本人国連職員会の会長も務められており、国際分野でのキャリアを目指している学生にも、さまざまなアドバイスをいただきました。講演が終わった後も、学生からの質問や相談に親身に応えてくださり、本学の学生たちにとって非常に貴重な機会となりました。 

『国連開発計画(UNDP)セミナー』開催概要

  •  日 時:平成30年6月28日(木)103012:00
  •  場 所:横浜市立大学 金沢八景キャンパス YCUスクエア1F ピオニーホール
  •  テーマ:「アフリカ開発とTICAD(アフリカ開発会議)
  •  講演者:小松原茂樹氏(国連開発計画アフリカ局・TICADプログラムアドバイザー)
  •  司  会:吉田 栄一 准教授(国際総合科学部 国際都市学系 グローバル協力コース)

 

小松原 茂樹氏略歴

国連開発計画 (UNDP)アフリカ局 TICADプログラムアドバイザー

 徳島県生まれ。
東京外国語大学卒業後、ロンドンスクールオブエコノミクス大学院で
経済修士号(国際関係論)を取得。
(社)日本経済団体連合会事務局、 OECD (経済協力開発機構)
民間産業諮問委員会( BIAC )事務局出向を経て 2002 年より
国連開発計画に勤務。
本部アフリカ局カントリーアドバイザー、ガーナ常駐副代表等を歴任。
現在はニューヨーク勤務。
2018年2月よりニューヨーク日本人国連職員会会長。

国際交流・留学