• 中文
  • English


{

HOME  > 診療科・部門案内  > 脳神経外科  > 脳神経外科

脳神経外科

脊髄・脊椎疾患

担当:川崎 隆(特定任期付職員,機能的定位脳手術技術認定医)、坂田 勝巳(准教授、部長)

治療について

手足に力が入りにくくなったり、シビレたりするのは脳の病気ばかりではありません。脊椎・脊髄の病気かもしれません。脊椎とは頚椎、胸椎、腰椎からなるいわゆる“背骨“のこと、脊髄とは脊椎のトンネルの中を通る神経のことです。脳から手足へ命令を、手足から脳へ情報を伝えることをしています。当院では頸椎症、脊柱管狭窄症、頚椎、腰椎ヘルニア、脊髄腫瘍に対しても、QOLを重視した治療法を選択し、手術用顕微鏡を用いてできるだけ低侵襲に手術を行っております。

キアリ奇形

生まれながらの頭蓋骨や頚椎の奇形のため、小脳が脊椎に落ち込んでしまう病気です。脳脊髄液の流れが傷害されるため、脊髄に脳脊髄液がたまってしまう(脊髄空洞症)こともあります。手足のしびれや痛み、ひどくなると力も入らなくなってしまいます。手術は脳や脊髄を触ることなく、頭蓋骨や頚椎を削り、硬膜という袋を広げることで、改善が期待できます。

脊髄腫瘍

脊髄の腫瘍は硬膜という袋の中か外か、脊髄の中か外かで3つのタイプに分けられます。脊髄の手術でも脳の手術同様に顕微鏡を使用して繊細な手術を行っています。

脊椎疾患

脊椎の病気には、変形性頚椎症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、後縦靱帯骨化症などがあります。これらは骨や椎間板、靱帯が脊椎のトンネルの中に出っ張って、脊髄を圧迫するために起こります。手術には前からアプローチする方法と後ろからアプローチする方法があります。前からのアプローチでは骨の出っ張りや椎間板を摘出します。後ろからアプローチは、脊椎を削り、セラミックの人工骨を挟み込みトンネルを拡大する手術です。当院では背部の筋肉をできる限り傷めず温存するように手術を行っています。

ページトップへ