リーダーシップを発揮できる 優れた看護人材の育成を目指しています医学部看護学科
医学研究科看護学専攻
search

小児看護学

小児看護学分野とは

 小児看護学は、子どもが健やかに育つための子どもと家族へのケアとその環境を追求し創造することを目的にしています。
 小児医療の進歩に伴い、生命を脅かされた疾患や状態の子どもが地域で生活できるようにもなりました。いかなる健康段階にあっても子どもは常に成長発達を続け「その子らしく」「自分らしく」生きることを求めます。
 横浜市立大学の小児看護学講座では、子どもの最善の利益をふまえ、子どもと家族の健康増進をするための看護実践の追究・環境創造を目指し研究・教育に取り組んでいます。

【小児看護学分野(博士前期課程)】

特別研究コース・課題研究コース(小児看護専門看護師 38単位)の教育課程を置き、高度実践看護師の育成も行っています。
特別研究コースでは、子どもと家族の健康増進や発達に関する諸理論を学び、様々な健康段階にある子どもや家族への看護を探求します。
また、課題研究コース(小児看護専門看護師—CNS38単位—)では、本学附属の2病院や、地域医療連携環境を活かし、高度医療から在宅までを包括して実践できる高度専門職者を養成します。

実習のフィールド:
横浜市立大学附属病院・横浜市立大学附属市民総合医療センター、
重症心身障害児者地域多機能支援施設「みどりの家診療所」、心身障害児総合医療療育センター、こどもホスピス

【療養発達支援看護学(博士後期課程)】

複雑多様化する子どもと家族のニーズや社会環境に対して、看護実践開発、システム構築、看護理論開発のできる看護学研究者を育成します。
また、高度看護実践専門職を教授出来る看護学教育者を育成するとともに、看護学の発展のために、その基礎として幅広く豊かな学識を養います。

研究分野の特徴:
1.先天性疾患や慢性疾患のある子どもと家族の発達段階と健康課題に応じた療養支援方法およびその療養行動
2.障害のある医療依存度の高い難病児(者)とその家族の健康課題に応じた支援内容および支援方法
3.小児期発症の慢性疾患患者とその家族の発達段階と健康課題に応じた成人期への移行期支援
に関する研究テーマを設定し、研究活動を自律的に遂行できるよう研究指導を行います。  

修了生の研究テーマ

平成30年度

寺内 千絵  「小児がんを経験した子どもの長期フォローアップにおける看護師の援助」
若林 麻里  「在宅移行初期における医療ニーズの高い子どもと母親に対する訪問看護師の
      コミュニケーションと把握内容」 

平成29年度

大谷 佳寿美 「NICUの看護職によるMLBW児の母親に対する外来での継続した支援」
恒吉 裕子  「地域活動ホームの看護職による乳幼児期の医療的ケア児と家族への支援活動」 

平成28年度

照井 美里 「病児保育室の初回預かり時における看護職のアセスメントの実施と困難」
橋浦 里美 「在宅において人工呼吸器を使用して生活する子どもをもつ母親の災害における備えの
      実態と関連要因」
藤塚 真希 「NICU・GCUの急性期を脱した子どもをケアする看護師のファミリーセンタードケアの
      実践に関連する要因の検討」 

平成27年度

寒竹 由香里 「事故再発予防のための指導が必要となる子どもと家族の看護実践」
立石 由紀子 「心臓手術を受けた新生児・乳児をもつ母親のICU入室初期の面会における体験」 

教員紹介(2020年9月時点)

 
教員 研究テーマ
筒井 真優美
特別契約教授
researchmap
ケアリングと癒し
看護科学、看護学、看護理論
小児看護における技
子どもの療養環境
小児看護学のカリキュラムおよび小児看護学実習
佐藤 朝美
准教授
researchmap
医療ニーズの高い重症心身障害児へのケアと家族支援に関する研究
子どものEnd of Life Careに関する研究
重症心身障害児・者のコミュニケーション・アドバンスケアプランニングに関する研究
小児看護学教育に関する研究
Twitterも随時更新しています。 

連絡先

小児看護学分野 佐藤朝美 sato0515@yokohama-cu.ac.jp
発達療養支援看護学分野 看護学専攻長 赤瀬智子 akase@yokohama-cu.ac.jp

看護学専攻博士前期課程