リーダーシップを発揮できる 優れた看護人材の育成を目指しています医学部看護学科
医学研究科看護学専攻
search

感染看護学

感染看護学

「感染看護学」は、病院から地域まで場を限定せず、さらに、小児・母性・成人・老年など全ての人間を対象として領域横断的に感染予防から感染症の看護、そして感染管理について勉強する学問です。本学問を追究していくうえで高度先進医療の発展により易感染者が増大し、さらに次々と新興感染症が発見される現代においていかに微生物と共存しながら生活していくことができるかが鍵になると思います。看護の臨床現場における問題点を見出し、研究的視点で解決できるよう支援していきます。

感染看護学分野長 教授 渡部節子

コース紹介

博士前期課程

感染看護学分野には課題研究コース(専門看護師課程)と特別研究コースの2コースがあります。2020年4月現在、課題研究コース卒業生のうち8名が日本看護協会認定の感染症看護専門看護師(CNS)に合格しました。

<課題研究コース>
課題研究コースは、一般社団法人日本看護系大学協議会より38単位の専門看護師教育課程として認定されています。感染看護専門実習1・2では、感染管理については横須賀市立市民病院(2種感染症指定医療機関)で、易感染患者及び感染症患者の看護については2018年度から横浜市立大学附属市民総合医療センター病院で学んでいます。いずれの実習施設も、本学大学院を卒業した感染症看護専門看護師が実習指導に携わっています。また、教員も感染症看護専門看護師であることから、大学と臨床の相互による質の高い教育環境が強みです。身近に高度な実践モデルがいることで、学生個々のキャリアアップを促進します。
また、2018年度より高度実践看護師教育課程として、専門看護師教育課程が38単位に変更となったことで、感染症の診断・医療処置に関する科目が追加となりました。課題研究コースの学生は、研究能力だけでなく臨床現場における高い問題意識と高度な実践能力の習得が求められています。

<特別研究コース>
特別研究コースは、共通科目8単位と専門科目22単位の計30単位を履修します。感染看護学において意義のある研究課題に向けて、論理的思考力や問題解決能力を育み、研究手法を学びます。国内の病院や地域、さらに海外における感染症患者や易感染患者に対し、質の高い看護が提供できる臨床に根差したリサーチマインドを育みます。

博士後期課程

感染看護学開発分野では、共通科目・専門科目・演習科目・研究指導科目からなる18単位以上を履修します。感染看護学分野における課題を多角的に分析し、新たな方法論を提示する能力を育みます。さらに研究成果を国際水準で発信し、感染看護学の発展に貢献できるリーダーシップを持った研究者、教育者、高度実践者を育成します。

担当教員(2020年4月現在)

教員 主要な研究テーマ
渡部節子
教授
  1. 看護者の感染予防行動及び行動に影響する要因
  2. 病院や介護福祉施設における感染管理
  3. 感染症患者の看護
  4. 易感染患者の看護
落合亮太
准教授
  1. 循環器疾患をはじめとする重症患者の感染・重症化予防
  2. 発達段階に応じた感染予防行動
徳永友里
講師
  1. 循環器疾患や糖尿病を有する患者の感染予防に向けたセルフケア
青盛真紀
助教
  1. HIV陽性者をはじめとする感染症患者、易感染患者の看護

感染看護学専攻修了生の主な研究テーマ(2020年4月現在)

コース 研究テーマ
課題研究コース
  • 外来通院中のHIV/AIDS患者における抑うつの実態と関連要因
  • 看護師の採血及び静脈注射時における手袋着用に対する教育介入効果
  • オムツ交換時における手袋着用の順守状況
  • 心臓血管外科手術予定患者に対する人工呼吸器関連肺炎予防のための術前口腔ケアの援助
  • 脳血管疾患による片麻痺患者の健側手指における有効な手指衛生方法の検討
  • 全国の心臓カテーテル室における個人防護具着用の実態とその関連要因について
  • 訪問看護ステーションを利用する在宅療養者の感染症罹患に関するリスクファクター
  • 介護老人保健施設の職員に対する手指衛生教育プログラムの効果
  • 院内保育園の園児および保育士に対する手指衛生教育プログラムの効果
  • ポジティブデビアンスアプローチを用いた手指衛生教育プログラムの効果
  • >
特別研究コース
  • 紙筆版結核IAT(Implicit Association Test : 潜在連合テスト)の作成および信頼性・妥当性の検討
  • ケニアの男女におけるHIV検査受診の促進・阻害要因

連絡先

感染看護分野長 渡部節子
E-Mail    
電話&FAX 045-787-2511(代表) 内線4563 
       045-787-2563(ダイヤルイン)

看護学専攻博士前期課程