リーダーシップを発揮できる 優れた看護人材の育成を目指しています医学部看護学科
医学研究科看護学専攻
search

看護管理学

看護管理学領域・看護管理学分野・看護管理学システム研究分野

看護管理学とは

少子高齢化を背景とする国民医療費・社会保障費の高騰等、看護を取り巻く社会環境は急速に変化しています。こうした看護の諸問題を解決し、良質で安全な看護サービスを提供するためには、看護管理学、病院管理学などに関する高度かつ幅広い知識および技術が必要です。
看護管理者の基盤となる知識を備え、科学的根拠に基づいた看護・医療マネジメントが実践できる看護管理者の養成、そして看護管理学に関する研究を行い、その成果を国内外に発信することを通じ、良質で安全な看護サービス提供の実現を目指しています。看護管理者は日ごろの臨床実践の中で起こった問題に対する対処を即座に求められます。しかし、起こっている問題の対処方法を考えるだけでは不足しており、問題はどのような現象からもたらされているのか、深く、時には広く学び、様々な角度から見ることを通して看護管理学の研究を自律して行う力や実践を変革させていく力を養う必要があります。また、スタッフナースの時代から看護管理学や組織を意識し、医療の質を保証していくことのできる力を養うことも重要です。
看護管理学分野は開設して9年目を迎え、12名の修了生を輩出し各病院の看護部長・副看護部長・看護師長など管理職として活躍し、3名が認定看護管理者の資格を取得しました。修了生たちとともに、地域の医療を支援できる研究、次世代の育成、現場への還元、社会貢献に努めていきたいと思っております。

看護管理学領域・看護管理学分野・看護管理学システム研究分野
教授 勝山 貴美子

教員紹介(2020年4月現在)

勝山貴美子(Kimiko Katsuyama,R.N, Ph.D)
長野県出身。
聖路加看護大学大学院看護学研究科看護管理学修了 修士(看護学)
名古屋大学大学院医学系研究科医療管理情報学修了 博士(医学)。
日本医科大学附属病院で看護師として8年間勤務、2000年から名古屋大学医学部保健学科助手、2003年から大阪府立大学看護学部准教授、2008年 University of Pittsburg,Nursing Management客員研究員、2011年4月より現職。専門は看護管理学。趣味はオーボエ
教員 研究テーマ
勝山 貴美子
教授
1. 医療従事者・患者関係とアウトカムに関連する研究
2. 地域および病院における医療連携に関する研究
3. 看護職の満足度および離職に関する研究
4. 看護管理者の教育プログラムの開発と評価に関する研究
5. その他、看護管理に関する研究

業績

主要な研究論文

・Katsuyama K, Koyama Y, Hirano Y, Mase K, Kato K, Mizuno S, Yamauchi K;Computer analysis system of the physician-patient consultation process. International journal of health care quality assurance 23 378 - 399 2010
・勝山 貴美子;看護職のチーム医療における協働と自律性 : 歴史的背景と調査結果からの考察
医学哲学医学倫理 Annals of the Japanese Association for Philosophical and Ethical Researches of Medicine (32) 33 - 42 2014
・勝山貴美子, 加藤憲, 宮治眞, 藤原奈佳子, 小林三太郎, 天野寛, 内藤道夫, 川原弘久, 牧靖典, 柵木充明, 妹尾淑郎;受療行動からみた二次医療圏の問題と限界 : 愛知県における小児科と産婦人科を中心に
社会医学研究 27(2) 11 - 19 2010
・Kato K, Yamauchi K, Miyaji M, Fujiwara N, Katsuyama K, Amano H, Kobayashi S, Naito M, Maki Y, Kawahara H, Maseki M, Senoo Y;Factors relating to doctors' desire to change hospitals in Japan.
International journal of health care quality assurance 25 19 - 40 2012
・Kobayashi S, Kato K, Fujiwara N, Miyaji M, Amano H, Naito M, Katsuyama K, Yamauchi K;Comparative study of ethical problems on national board exams in Japan for healthcare professions - specific examples of physicians, pharmacists, and speech therapists ,International Journal of Medical Science and Public Health 2(2) 376 - 381 2013
・撫養 真紀子, 勝山 貴美子, 青山 ヒフミ;病院に勤務する看護師の職務満足測定尺度の信頼性・妥当性の検討 社会医学研究 : 日本社会医学会機関誌 31(1) 37 - 44 2014

大学院生(2020年4月現在)

1年次1名、2年次2名が在籍中です。

修士論文のテーマ

・病院における多職種による根本原因分析の実施状況とその関連要因
・急性期病院に勤務する看護師の自律性とその関連要因
・都市部地域医療支援病院の高齢入院患者の社会的入院に関連する要因
・大学病院に勤務する看護師の他者操作方略の実態と関連要因
・都市部の急性期病院における看護職副院長の経営の認識と経営参画の実態
・多様な勤務形態を採用する病院でフルタイムで働く中堅看護師の認識する「働きがい」と「働きやすさ」
・新任看護管理者が自身の役割認識を促した経験からの気づきとそれに伴う成長
・転職経験のある中堅看護師の組織間キャリア発達の認識
・がん診療連携拠点病院の外来ジェネラリストナースの行動と実践知
・予定外入院における看護管理者の調整
・社会人経験を有する看護師のキャリア発達の特徴

連絡先

看護管理学分野 教授 勝山貴美子
E-Mail  
電話&FAX 045-787-2511(代表) 内線4750

看護学専攻博士前期課程