都市社会文化研究科都市社会文化研究科
search

三輪 律江

三輪 律江

三輪 律江

担当科目

〔博士前期課程〕市民まちづくり論、演習
〔博士後期課程〕都市社会論攻究1

経歴・研究活動等

名古屋工業大学大学院修了後、(株)坂倉建築研究所にて設計士として勤務。その後東京工業大学大学院に進学し博士号(工学)を取得。横浜国立大学VBL、地域実践教育研究センター准教授などを経て、2011(平成23)年より横浜市立大学准教授。
専門は建築・都市計画、参画型まちづくり、こどものための都市環境、環境心理学。

研究テーマ

参画型まちづくり手法とまちづくり教育に関する研究、都市における「居場所づくり」に関する研究
コミュニティ活性に寄与する施設整備の実践研究、魅力的な地域資源となるための公園整備に関する研究
都市型農的空間の新たな価値とその活用に向けた研究

研究指導方針

特に乳幼児期の親子や小中高生、障害者等の社会的弱者の「居場所」に注目し、拠点となる施設が周辺の人と地域に与える影響と人-地域の関係性に深く留意しながら、縮退都市において多世代混合で居住し続けられる「まち」の姿の探究を進めます。多分野の先行研究レビュー、社会調査や社会実験、まちづくり現場での実践等を経て、社会に還元できる提案型研究を目指します。

Researchmap

日本語(Japanese)

英語(English)

※外部サイトへ移行します。

連絡先

nmiwa★yokohama-cu.ac.jp
※★は@に変えてご連絡ください。