木原生物学研究所木原生物学研究所

【開催報告】第2回木原生物学研究所主催市民講座「横浜市のごみ処理について~きれいなまちを維持するために私たちができること~」を開催しました。

第2回木原生物学研究所主催市民講座「横浜市のごみ処理について~きれいなまちを維持するために私たちができること~」を開催しました。

平成29年12月5日(土)に木原生物学研究所で「第2回木原生物学研究所主催市民講座を開催しました。今回は、横浜市資源循環局の職員の方々が「横浜市のごみ処理」をテーマに、歴史、衛生処理、エネルギー活用、実際のリサイクルの様子などを話しました。当日は42名の方に参加いただきました。

アンケートより

  • ごみを減らしていくためには、どのように処理されているのかを市民一人一人が良く知ることが必要だと思います。
  • 横浜市当局がごみ焼却を出来る限り抑えていく方策を取り入れているこがよくわかりました。
  • 食品ロスがいかに多いのかがよくわかった。減少または活用を真剣に考えていくべきである。
  • 「何でも処理できる」「何でもリサイクルできる」と市民が思ってしまうことが問題だと思うので、まず、ごみを減らしたり、ごみになるようなものを買わない努力を市民一人一人が行っていくことが大事だと感じました。そういうことを伝える取り組みもしていただければと思います。
この他にもたくさんのご意見をいただきました。ありがとうございました。
皆様からいただいたご意見も参考にしながら、今後も自然科学はもとより、さまざまな講座を開催してまいります。

次回、第3回市民講座は、2018年前期に開催する予定です。奮ってご参加ください!

イベント