医学部看護学科・医学研究科看護学専攻医学部看護学科
医学研究科看護学専攻

カリキュラムの構成

カリキュラムの構成

 看護学は、保健師・助産師・看護師等が活動するにあたっての専門性の根拠を理論的かつ体系的に追究する実学としての学問領域です。本学科の4年間では、看護学の基礎を系統立てて教授します。
 本学科のカリキュラムは、共通教養科目と専門支持科目ならびに、専門科目により構成されています。

共通教養科目

 共通教養科目は、実践的教養として専門科目の基盤になるとともに、専門科目を支援する科目であり、「問題提起科目群」「技法の修得科目群」「専門との連携科目群」の3科目群から構成されています。

専門支持科目

 専門支持科目は、専門科目である看護学が追究する人間の健康と生活と密に関連する科目を配置し、学際的に理解を深め、専門科目の理解の深化拡大が図れることを目指し、看護生命科学と看護社会科学から構成されています。看護生命科学では、健康に関わる諸問題・課題を理解する基盤ともなる身体の形態・機能などに加え、身体を健康との関係からミクロ・マクロの視点より理解する科目を配置しています。看護社会科学では、人間生活の営みの基盤ともなる発達や対人関係、さらに健康生活を支える仕組みを広く理解する科目を配置しています。

専門科目

 専門科目では、高度先端医療ならびに、実践現場の問題を解決できる基礎的な能力と、地域社会の人々の健康・生活の質の向上に貢献できる実践力のある人材育成を目指し、科目の中軸には、「健康生活」という考え方を基盤としました。日進月歩する高度先端医療を看護職の立場から支えるには、最先端の知識を入手し、理解することも重要であるが、高度先端医療を受ける対象と深く関わり、対象の健康生活を整えることの重要性から「健康生活」を考えました。一方、地域社会の人々の健康・生活の質の向上は、「健康生活」の追究でもあります。
 本学科では、「健康生活」を基礎・応用・統合の3分野から構成しました。つまり、健康生活基礎看護学、健康生活応用看護学I・II、健康生活統合看護学です。

「健康生活基礎看護学」

 健康生活基礎看護学は、基礎看護学を配置し、後続する健康生活応用看護学ならびに健康生活統合看護学の基盤ともなる内容を教授します。

「健康生活応用看護学I・II」

 健康生活応用看護学Iは、成人看護学I、II・母性看護学・小児看護学・老年看護学・精神看護学から構成されています。ここでは、発達に即した看護と発達を横断的に精神面から捉える看護学を配置しています。健康生活応用看護学IIは、対象を個と集団との関係で捉えることに加え、地域社会の健康生活と関わる仕組みを構築できるように、在宅看護学・地域看護学を配置しています。
 健康生活応用看護学Iの成人看護学・母性看護学・小児看護学・老年看護学・精神看護学は、概論・方法論・演習・実習で構成され、体系的に学べるよう順序性をもった配置をしています。とりわけ、健康生活応用看護学Iでは、各看護学の内容の理解を円滑にする視点から、各看護学の中に各看護学と深く影響・関連する特徴的・代表的な疾病の病態・治療学を配置しています。
 一方、健康生活応用看護学IIでは、個人・家族・集団・地域の健康の回復、維持、増進に焦点をあて、他職種と協働する中で看護の役割の理解を深める目的から、在宅看護学、地域看護学は、後半に配置しています。

「健康生活統合看護学」

 健康生活統合看護学は、統合実践看護学と専門共通看護学、さらに国際看護学より構成されています。統合実践看護学はI~IVで構成されており、看護の統合と実践Iでは、看護を目指す初学者に、看護学の各領域の特徴を紹介し看護に対する理解を深めます。看護の統合と実践IIは、看護実践の向上と関わる課題について探究するための一般的な研究方法論を学びます。そして、看護の統合と実践IIIで、看護実践活動の中から看護の特質を明らかにしていきます。具体的には、各自が看護実践能力の向上に関わるテーマを持ち、主体的に実践現場の専門職と連携しながら実践をします。看護の統合と実践IVでは、実践した課題追求の成果を看護学の体系の中で科学的に論証し卒業論文としてまとめるために、看護の統合と実践IVを配置しています。専門共通看護学は、健康生活応用看護学I・IIに横断的に関与し、健康生活応用看護学をより豊に、かつ円滑に理解できる科目群として、感染看護学・看護管理学・看護倫理学・看護教育論、災害看護学を配置しています。国際看護学は、国際看護学I・IIより構成され、Iでは国際看護の主要概念、文化や人種を越えた看護の役割・機能に関し理解を深め、IIにおいて国際都市横浜ならではの地域特性からの健康課題、国際協力などと関わる内容の理解を深めます。

 以上のカリキュラム構成により、生命の誕生から安らかな死に至るすべての人々のライフステージで必要とされ、かつ保健医療福祉機関から地域在宅等、国内外におけるあらゆる看護活動の場での看護実践活動を支える看護学の基礎が体系的に網羅されています。
 本カリキュラムでは、免許教育と関わる教育内容も加味しています。看護師国家試験受験資格と関わる内容は、全員が必修科目として履修します。保健師国家試験受験資格と関わる科目は、希望する学生の中から選抜により選択できるように配置しています。

看護学科