YCU 横浜市立大学

学術院 -YCU Academic Association-

 学術院とは、横浜市立大学の全ての専任教員が所属し、全学的な視点から、領域横断的な研究や、新たな課題に対し、臨機応変に対応していくための組織として、平成23年4月に設置しました。
 学部、研究科、附属病院等は、教員を配置し、教育・診療、一定の目的をもった研究等を行う組織とし、それぞれの機能、役割を明確にしました。

学術院の概要

設置目的

  1. 領域横断的な研究の推進
  2. 学部間(内)・大学院横断的な教育体制の確立
  3. コースや教室の再編による学部教育の改善
  4. 全学的な取組が一層求められる分野への対応

機能

  1. 人事的交流の促進
    すべての教員が所属し、弾力的な人的資源配置を可能とする。
  2. リソース・マネジメント
    新たな課題等、戦略に対応したリソースの獲得・配分を行う。
  3. ソリューション(問題解決)
    問題点の把握から解決策、さらにそのための実施支援を推進する。
  4. 質(クオリティ)の向上
    教育・研究・地域貢献・国際化・広報等の質的向上を図る。
学術院機能イメージ図

組織

  • 「国際総合科学群」「医学群」の2学群を置き、各学群に教員の専攻分野に応じた系列を置く
  • 各学群に学群長を置き、各系列に系列長を置く
  • 学群長は、教育研究審議会(本学の教学における最高審議機関)の構成員となる

構成員

 学術院の教員は、いずれかの学群に所属し、その専攻分野に応じて、当該学群の一つの系列、あるいは教室の構成員となる。

大学紹介About YCU