医学部看護学科・医学研究科看護学専攻医学部看護学科
医学研究科看護学専攻

看護学専攻

設置背景と目的

横浜市立大学大学院医学研究科看護学専攻は2010(平成22)年、国際都市横浜、政令都市横浜という地域特性から発生する保健医療福祉および、看護に対する社会的ニーズを背景に開設しました。
横浜市に初めて設立された公立の看護専門職の高等教育機関としての使命に基づき、地域貢献を重視すると共に、広い視野に立脚して看護学の専門性を追究できる人材ならびに、看護学の実践的研究能力をもって現場を改革できる人材を育成します。

教育理念・目標

保健医療福祉および看護サービスを受ける利用者の生命、人権、ニーズを尊重し、高度な専門性に立脚した質の高い看護を追究・提供できる人材の育成を目指します。
具体的には、都市住民のニーズに鑑みて、先端医療の場で高度実践看護を提供できる人ならびに、都市住民のニーズに鑑みて、地域生活支援の場で組織やサービスシステムを変革できる人、さらに、横浜市の将来を担う看護学の教育者や研究者等の輩出等を目標とします。

養成する人材の特徴

教育課程の編成と特徴

大都市で生活する住民のニーズを重視した高度な実践能力の育成
先端衣料に対応する専門性の高い人材育成
都市住民への地域生活支援を変革できる人材の育成
看護生命科学分野
周麻酔期看護学分野
ベーシックサイエンスを基盤とし、病態メカニズムから科学的根拠ある看護ケアを追究していきます。看護実践を科学できる看護師、総合的視野で評価できる治験コーディネーター、基礎力の高い周麻酔期看護師の育成を行います。 特別研究
課題研究
基礎看護学分野 看護の実践知や医療情報の可視化・共有化、さらには教育システムの開発等に関する研究課題に取り組み、看護の対象となる人々を中心に、その周囲の環境にも働きかける人間—環境系の理論に立脚した新たな看護の方略を学問として探求します。 特別研究
看護管理学分野 少子高齢化を背景とする国民医療費・社会保障費の高騰等、看護を取り巻く社会環境は急速に変化している。こうした看護の諸問題を解決し、良質で安全な看護サービスを提供するために必要な看護サービスを含む医療サービスのマネジメントおよび政策に関する高度かつ幅広い知識および技術の修得が目的です。 特別研究
感染看護学分野 臨床から地域まで、そして小児から老年までのあらゆる場と人々を対象に感染看護の問題を横断的に解決する能力を養います。CNSコースは全国に13校と少ない感染症看護CNSを育成する教育課程を有しています。 特別研究
課題研究※
がん・先端成人看護学分野 病院・在宅など様々な療養の場における成人系疾患を有する患者および家族の健康課題に対し、国際的視野をもって対応できる看護専門職の養成を目指します。 特別研究
がん看護学分野 様々な臨床場面におけるがんの予防・治療・療養・看取りに関する課題に対し、自ら探求心をもって自律解決できる専門看護師の育成を目指します。 課題研究※
老年看護学分野 老年期にあっても健康でその人らしいQOLの高い生活を送ることができるように健康課題の解決、施設を超えて支援する体制等の研究を行っていきます。 特別研究
課題研究※
小児看護学分野 子どもの発達や親子・家族関係に関する理論をふまえ、様々な健康状態にある小児の特性や家族の健康問題に関する最新の知見を通して、子どもの健全な発達や生活を支援する方策について検討します。 特別研究
課題研究※
母性看護学分野 母性看護学・助産学領域において、実践を科学的に検証できる研究能力の育成と、実践的研究能力で現場を改革でき、地域に対し研究結果を還元できる人材の育成を目指します。 特別研究
精神看護学分野 CNSコースでは、精神保健医療における高度看護実践能力を培うために、狭義の精神看護CNSを目指す場合は単科精神病院にて、リエゾン精神看護CNSの場合は総合病院にて専門実習を行います。特別研究コースでは、特別演習として、多様な領域にて各自のテーマに沿ったフィールドワークを行います。 特別研究
課題研究※
地域看護学分野 地域で生活する個人、家族、地域全体の健康やQOLの向上とそれらを支える公正で安全なコミュニティの構築に寄与する高度な「資質」と「能力」を有した人材の育成を目指します。 特別研究

※感染看護学・がん看護学・精神看護学(26単位教育課程)、老年看護学・小児看護学(38単位教育課程)は、一般社団法人日本看護系大学協議会により専門看護師教育課程として認定されています。

履修内容と修了用件

看護学専攻