医学部看護学科・医学研究科看護学専攻医学部看護学科
医学研究科看護学専攻

院生生活の紹介

渡邉 響さん (3年課程※ 修士課程1年 地域生活支援看護学分野 精神看護学/CNSコース)

入学までの取り組み

 精神看護専門看護師がいる精神科病院に勤務して、3年目に大学院に入学しました。
 入学までの計画として、精神科勤務1年目までに、大学院の見学会に参加して自分の学びたいと思える先生を探すことに努めました。2年目には、大学院受験のために募集要項を集め、大学院受験相談会で教授に受験の意思を伝えました。試験日までは、勤務後に、ファミレスで精神看護学全般の学習と英論文を読むことに集中しました。
 大学受験以降に、英語を学習する機会はなかったので、看護に関する英論文を海外のサイトで読むということで、自分なりに勉強しました。

ある1週間の過ごし方

在学生からのメッセージ

 横浜市立大学では、アディクション看護学・リエゾン精神看護といった幅広い専門科目と同時に共通科目も充実しているため、CNSとして専門科目以外に役立つ知識が学べます。私は、短時間勤務として働ける条件を病院が担保してくれているため、大学院に進学できましたが、フルタイムで勤務しながら大学院で学習している仲間もいます。一緒に学びあえる仲間が増えることを楽しみにしています。
※3年課程:職業を有するため標準修業年限(2年)を延長し、3年間で計画的に教育課程を履修する長期履修学生制度を利用しています。

山岡 由季さん (2年課程 修士課程2年 先端医療看護学分野 母子看護学)

プロフィール

私は看護師、助産師として臨床で働く中で生じた疑問や課題に取り組むために大学院に進学しました。平日は学業に専念し、週末は助産師として当直のアルバイトをしています。
 アルバイトは生活のためだけでなく、赤ちゃんとママたちに癒されリフレッシュにもなっています。

ある1週間の過ごし方

在学生からのメッセージ

 受験を考えている皆さん、こんにちは。
 当大学院の特徴は、働きながら学べる環境があり、臨床看護職にも研究の道が開かれていることだと思います。私もそうでしたが、臨床に長くいると、あらためて勉強することに尻込みしてしまうと思います。
初めは不安でしたが、領域の違う仲間と学ぶことで刺激を受け、新たな発見も得ることができました。
 私は学業に集中できるよう2年課程を選択しました。2年目の現在は研究がスタートし、データ収集や準備に追われています。研究初心者でつまずいてばかりですが、学べることに感謝しながら取り組んでいます。
 皆さんも臨床の疑問を一緒に考えてみませんか。
3年課程※に在学している田中さんのスケジュール例を紹介します。

田中 涼子さん (修士課程2年 先端医療看護学分野 小児看護学)

ある1週間の過ごし方

※3年課程:職業を有するため標準修業年限(2年)を延長し、3年間で計画的に教育課程を履修する長期履修学生制度を利用しています。

看護学専攻修士課程(2018年度より博士前期課程)