医学部看護学科・医学研究科看護学専攻医学部看護学科
医学研究科看護学専攻

科目概要

共通科目

看護研究方法

看護学分野での実践研究の特徴とその実際を教授する。看護実践における疑問を研究までに発展させるプロセスと、実践と研究の連動がケアの質的向上を導くことを教授する。

看護倫理学

臨床における生命倫理、医療倫理の基本的な概念の理解と、看護専門職として果たすべき責任・責務について理解する。さらに、生命の始期、終期、感染を巡る倫理的な課題、研究倫理、法と倫理、医療者—患者関係における倫理的ジレンマに対する倫理調整、医療の高度・複雑化の中で生じる新たな倫理的な問題に対する高度看護実践家として組織を含めた対策を検討し、実践できる能力を養う。

看護管理学

看護管理の理論と方法を概観し、保健・医療・福祉システムの変化における看護管理上の課題を明確にし、看護管理者、CNSとして効果的に組織をマネジメントするために必要な知識を学習する。

看護コンサルテーション論

コンサルテーションの定義と理論を学ぶ。その上で、文献検討や事例検討を通じてコンサルテーションの過程とコンサルテーションの実際を学び、コンサルテーションを実践するために必要な能力を養う。

看護継続教育学

看護基礎教育や看護継続教育と看護専門職の関係性、看護継続教育の現状と課題を学ぶとともに、看護の質的向上を目指した看護職への継続教育の企画・展開・評価ができるよう教授する。

看護政策学

看護の質向上に向けて求められる看護政策、制度の理念、機能、意義ならびにその展開に必要な知識と技法について今日の社会背景等も踏まえ教授する。

看護理論

時代背景や社会との関係において看護理論の意味と意義を理解し、現存する主な理論について理解を深める。異文化で生まれ発展してきた看護理論から、日本の文化や価値観に即した看護理論の活用について探求する。

高度実践フィジカルアセスメント論

保健・医療・福祉現場において複雑な健康問題を有する患者に対して、ケアとキュアを統合し、専門看護師として卓越した直接ケアを提供するために、対象者の身体・精神状況の診査と、臨床判断に必要なフィジカルアセスメントの知識と技術を修得する。

高度実践生理学・病態生理学

複雑な健康問題をもった対象の病態生理学的変化について、エビデンスに基づいて合理的な解釈・臨床看護判断を行うための知識・思考と技術を得ることができる。

高度実践薬理学

緊急応急処置、症状調整、慢性疾患管理に必要な薬剤を中心に、薬剤使用の判断、投与後の患者モニタリング、生活調整、回復力の促進、患者の服薬管理能力の向上を図るための知識と看護技術を得ることができる。

看護統計学

看護学分野における量的研究を実施していく上で必要となる統計に関する基本的知識に加え、看護・医療および近接領域での実践・研究における統計学的技法について教授する。

看護学専攻修士課程(2018年度より博士前期課程)