医学教育センター医学教育センター
search

部門長挨拶

部門長・委員長挨拶

教養教育部門長 船越健悟

科学技術の発達や情報化が急速に進み、それに伴って、さまざまな社会制度の見直しが行われている今日、医学を専門とするものにとっても、現実の社会で課題を発見し、それを解決するうえで必要とされる知識や能力を身につけることの重要性は以前にも増して高まっています。そのために教養教育部門では、学生が自らのキャリアを形成し、社会に貢献できる力を育むよう支援しています。
「共通教養科目」では、自然や世界に関する知識を身につけ、その理解を深める以外にも、コミュニケーションスキル、論理的思考力、問題解決力といった汎用的技能の育成に力を入れています。また、「医学基礎教育科目」における学習は、2年生からの「専門教育科目」の準備だけでなく、新たな統合領域の創造につながる内容を含んでいます。
また、知識や知性だけでなく、倫理観、道徳観を醸成し、利他的態度、連帯感、協調性といった医療従事者に不可欠な知的徳性を磨くことも医学科では重視しています。1年生の教養教育はその第一歩なのです。 

基礎医学部門長 井濱容子

医学・医療に求められる社会的ニーズは多様化し、医師や医学研究者には医学的知識や技術だけでなく、高い倫理観、協調性、人間性が求められています。卒前医学教育ではそれらを育み、陶治するための一貫した教育体制が必要であり、長期的な展望をもって学年の枠を越えた教育基盤の整備を行います。本学では、早い段階から第一線の研究現場に触れる教室体験演習や研究実習(リサーチクラークシップ)などのカリキュラムによって、学生のリサーチマインドを刺激する機会を作っています。また、地域医療に貢献するリーダー的な医師、先進的研究でグローバルに活躍する研究者となるために必要な知識や倫理観、コミュニケーション能力の習得を目的とした医学概論(医療倫理学、医療コミュニケーション論)や医療安全学などの講義を充実させるとともに、実践的な英語教育にも力を入れています。学生が自身の将来あるべき姿を描き、それに向かって意欲を高め、勉学を進めるための教育基盤の充実に向けて尽力します。 

臨床・病棟部門長 伊藤秀一

本学の病棟実習はクリニカル・クラークシップ(臨床参加型病棟実習)を原則としています。これは医学生が、将来、医師となるために必要な態度および価値観、知識、技能を身につけるために、指導医の指導のもとで医療チームの一員として従事することにより臨床能力を養うものです。さらに医療面接、カルテ記載、プレゼンテーションに重点を置いて実習させ、医療従事者としての責任・義務およびマナーを理解し、患者やスタッフとの良好なコミュニケーションを構築できることを行動目標としています。
本部門は、各診療科選出の委員と病棟実習ユニット教員から構成されます。担当する役割として、5年生の実習開始前にオリエンテーションを行うこと、毎月の部門会議で実習内容の相互紹介、学生からの要望への対応、感染症発生時の対応策の周知、カリキュラムの改善案の検討などを行い、より良いプログラム作りを目指しています。附属市民総合医療センター病院の教員とも緊密な連携ができるようにテレビ会議を実施しています。

グローバル推進部門長 中島秀明

本学では、学長のリーダーシップのもと、グローバルに活躍できる人材の育成を強力に推進しています。その育成の取り組みの一つとして「卒業までに3人に1人が海外プログラムを経験する」ことを目標に掲げ、特に学生の海外派遣を積極的に推進しています。また、グローバルコミュニケーションに必要な英語教育も1年生から6年生までシームレスに展開しています。
当部門では、海外経験豊かな構成員の海外ネットワークを活用し、海外協定大学や研究機関と交渉のうえ、海外研究実習(リサーチクラークシップ)や、海外臨床実習(クリニカルクラークシップ)といった様々な海外プログラムを開拓、医学科生向けに数多く提供しています。また、海外研究者などによるセミナーやイベントの開催、海外留学報告会、協定大学から受け入れる交換留学生との交流など、キャンパスでも多くの機会を創出し、医学科生がグローバルな視野を身に着けられるよう支援しています。
このような取り組みを通じて、グローバル化した新しい時代の課題に向き合いながら様々なフィールドで力強く活躍していける医療人の育成に努めていきます。 

医学教育推進部門長 稲森正彦

現在の医学教育においては、年々教育内容が増大し、教育方法も多様化しています。そのため、限られた時間の中で有効かつ効率の高い教育法が求められます。医学教育推進部門は、教養教育、基礎医学、医学基盤、臨床医学、病棟実習のそれぞれの部門を横につなぎ、各部門での問題点や改善点などを吸収、分析し、改善に向けての方向性を示すことが大きな役割となります。
また、教育内容や方法に関して国際的視野で考え、医学教育の国際的な標準化への対応も果たさなければなりません。これからも横浜市立大学の医学教育をより向上させる必要があり、その中で医学教育推進部門は活動を続けてまいります。 

ご挨拶