YCU 横浜市立大学

国際商学部の3つのポリシー

ディプロマポリシー

<知識・理解>

  • ビジネスの世界において、国際的に共通知識として身につけておかなければならない経営学・経済学の基礎的知識とコミュニケーション能力を修得している。
  • 文理融合的視野と専門分野を融合し、社会の課題を解決する高度な実学素養を備えている。 

<技能>

  • 課題発見力と未来をデザインする応用力を発揮し、新たな事業を企画立案し、実現するスキルを身につけている。

<態度・志向性>

  • 本学設立当初からの伝統である「人と進んで交わり共に資質を高める」態度を持ち、グローバルに広がる多様な価値観を理解し、科学の目をもって自らの視点を相対化できる。

カリキュラムポリシー

  • 国際的に通用する経営学・経済学の基礎的知識を身につけ、企業経営や行政にかかる課題を発見し分析する科学的思考力を身につける教育を行う。
  • 本学の多様な全学開放科目や、Practical English Center を活用し、幅広い知識、深い教養と実業界で役立つ確かな英語力を学修する。
  • 既成概念にとらわれない視点で未来をデザインする創造的思考力を学修する。そのために文理融合的視野を身に付ける教育を行う。
  • 新しいコトを企画立案し、事業化する方法論を学修し、問題解決のプロセスや企画内容を明快に相手に説明し実現するコミュニケーション能力を高める教育を行う。
  • 学問的な知識を土台に、学生が主体的に動くプロジェクト型演習や国内外の企業と連携したアクティブラーニングを積極的に取り入れ、実業界で必要となる現場力を養う教育を行う。
  • 多様な価値観を理解し、科学の目をもって自らの視点を客観的に相対化でき、リーダーシップを適時適切に行使することができるグローバル人財としての素養を身につける教育を行う。

アドミッションポリシー

  • 物事を論理的に考え、自らの意見を明確に他人に伝えようとする人
  • 英語、数学、国語、社会などの基礎学力を土台に、科学的に思考しようとする人
  • 日本のみならず世界の経済や企業の動向に広く関心を有する人

なお、本学では、学部によらず、以下のような人を求める。
  • 既成の枠組みや慣行にとどまらず、自由で創造的な姿勢で真理を探究する人
  • 課題意識を持って、自らの人生を生き抜く強い意志力を備えた人
  • 地域社会のみならず、広く人類社会に貢献する意欲を持つ人

国際商学部School of Economics and Business Administration