YCU 横浜市立大学
search

欠席届(公欠)

令和2年度 欠席届(公欠)の取り扱いについて

1.公欠について

授業は出席が原則です。病気等による欠席について、大学へ特に連絡をする必要はありません。 ただし、以下に該当する事由で授業を欠席する場合は、各キャンパス事務室に届出書及び証明書を提出するこ とにより公欠として取扱い出席したものとみなします。 公欠を認めている及び必要な証明書類は下記を参照してください。
公欠を認めている事由 申請時に必要な証明書類
(いずれも原本に限る)
(1)天災・自宅の火災 火災証明・り災証明等
(2)親族の危篤・死亡(2親等以内) 会葬御礼等
(3)交通機関の遅延(原則として30分以上)・ストライキ 遅延証明書
(4)学校保健安全法施行規則第18条に規定する感染症
 (例:インフルエンザ、麻疹、おたふくかぜ等)を発症した場合(ただし、症状により医師において感染の恐れがないと認めたときを除く。)
「学校感染症」に関する証明書(大学様式)(又は出席の停止期間が記載された医師の診断書)
(5)裁判員制度による裁判員(候補者)に選出されたことによる裁判所出頭 裁判所より発行される証明書
(6)教員免許状の取得にかかる教育実習及び介護等体験などへの参加 学生からの提出物無し
(7)その他、学部長が認めた場合 公欠内容を確認できる書類 

※(2)の場合の注意事項:

 公欠として取り扱うことができる日数は以下のとおりです。
 ・1親等及び配偶者の場合は、連続する7日(土、日、祝日を含む)の範囲内の期間
 ・2親等の場合は、連続する5日(土、日、祝日を含む)の範囲内の期間
  なお、葬儀のための遠隔地に赴く場合にあっては、往復に要する日数も含みます。

2.手続きについて 【令和2年度については、以下のとおりとします】

①申請書と必要な証明書類をメールに添付し、大学のメールアドレス(~@yokohama-cu.ac.jp)から 教務担当(cscinfo2@yokohama-cu.ac.jp)宛に送信してください。
 ※(4)に当てはまる場合は、保健管理センター(hokekan@yokohama-cu.ac.jp)も宛先に追加してください。
 ※申請時に必要な証明書類は、教務担当宛に原本を郵送してください。郵送が無い場合、公欠が無効になります。
②申請書を受理した後、受付印を押印した届出書を教務担当から電子メールにて返送します。
③公欠期間に実施された授業科目の担当教員に、②の電子ファイルをお送りください。

金沢八景キャンパス・教育推進課 教務担当

tel045-787-2042(受付時間:8:45~17:00(授業期間外は15:00まで))

mailcscinfo2@yokohana-cu.ac.jp