YCU 横浜市立大学

MDアンダーソンがんセンター上野直人先生をお招きして、特別講演会「よりよいがん医療をうけるには」を開催しました

2018.02.23
  • TOPICS
  • グローバル

開催報告

MDアンダーソンがんセンターより、上野直人先生をお招きして、平成30年1月22日(月)、県民共済みらいホール(横浜市中区)において、横浜市立大学医学国際化セミナー特別講演会(第22回横浜市立大学がんプロ公開セミナー同時開催)が横浜市医療局後援のもと、開催されました。
講演の様子           左:市川靖史先生(本学 がん総合医科学教授) 右:上野直人先生(MDアンダーソンがんセンター 腫瘍内科教授)               
当セミナーは、「よりよいがん医療をうけるには」と題し、米国と日本との医師と患者の関係性の違いや、米国で行われている患者参加型の医療についてご紹介いただき、よりよい医療を受けられるよう理解を深めることを目的として開催されました。

会場となった横浜が数年に一度の大雪に見舞われ、交通機関への影響が心配される中ではありましたが、結果的に50名を超える参加者を迎えることができました。講演中は熱心にメモを取っている参加者が数多く見られたこと、また質疑応答の際には多数の質問が寄せられた他、講演終了後も講演者へ質問する参加者の姿も見られ、上野直人先生の講演への関心の高さが伺えました。

セミナー概要

日 時   平成30年1月22日(月)18:00~20:00
会 場   県民共済みらいホール(〒231-0062 神奈川県横浜市中区桜木町1-1-8-2)
講演者等  上野直人先生(MDアンダーソンがんセンター 乳腺腫瘍内科部門教授)
参加人数  53名

公立大学法人横浜市立大学 学務・教務課 医学国際化担当

tel045-787-2980 

mailycumedgl@yokohama-cu.ac.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加