データサイエンス研究科
search

研究科長メッセージ

研究科長 立川 仁典

研究科長 立川 仁典

本研究科は、次の特徴ある2専攻から構成され、「超スマート社会」を担う高度なデータサイエンス人材を養成し、社会に貢献します。

データサイエンス専攻は、学部卒業生や社会人を主な対象として、データサイエンスの力によって解決すべき社会課題を、それに直面する実務者らとの連携により明確化し、データの収集・分析や新たな解析手法の開発等を通じながら、現実社会に還元する一連のプロセスをProject-based Learning(PBL)により学びます。

ヘルスデータサイエンス専攻は、全国で唯一、データサイエンス学部と医学部を併せ持つ本学ならではの教育体系を提供します。医療者をはじめとするヘルス(予防・医療・介護)の現場を支える専門人材を主な対象として、国民の最大関心事のひとつであるヘルス領域の諸課題を、データサイエンスの手法により解決に導く方法を学びます。

研究科の教員、学生を含む構成員が一体となり、データの利活用による新たな価値創出と現実社会の問題解決に貢献するとともに、データサイエンス分野の学術的な研究を行い、データサイエンスの恩恵を享受できる社会の実現を目指します。