• 中文
  • English


{

HOME  > 診療科・部門案内  > 医療の質・安全管理部

医療の質・安全管理部

医療の質・安全管理部は、院内の「医療安全の推進」とチーム活動の支援等による「医療の質向上」を目的としている部門です。平成12年4月に安全管理室として設置され、令和元年より医療の質・安全管理部に改称されています。
スタッフは、統括安全管理者(副病院長・医師)、安全管理指導者(医師)、医療安全管理者(看護師、薬剤師)、安全管理担当(診療放射線技師、事務)といった多職種から構成されています。 

取り組み

医療の質・安全管理部は、安全で質の高い医療を患者さんに提供することができるよう、下記の取り組みを実践しています。

・医療安全・質向上に関する対策の立案、データ分析、相談対応
・医療安全・質向上に関わる各種会議の開催・運営の支援
・医療安全・質向上を目的とした院内ラウンドの計画、実施
・インシデント発生時の現場の点検、改善の支援、調査・対応・再発防止に関連する事項
・医療安全・質向上に関する職員教育の計画・実施    
・インシデント等に関する院外報告(日本医療機能評価機構 等)    など

インシデント事例に関するカンファレンス風景

患者さんへ:院内のさまざまな場面での「確認行為」にご協力をお願いします

安心して外来受診・入院生活を送るためには、各場面で患者さんの協力が必要になってきます。
当院では、「患者さんと医療者のパートナーシップ(協働)」を推進していますので、医療者と協働して、医療安全の推進にご協力をお願いいたします。

<具体例>

お名前(名字と名前、フルネーム)の確認

診療や検査時は、患者さん(またはご家族)から「名字と名前(フルネーム)」を医療者にお伝えいただきますようお願いいたします。

(なぜ?)
医療者が「○○さん」と呼びかけ、患者さんが「ハイ」と返事をするという方法により、患者さんを取り違えて検査や治療を実施しまう事例が過去に報告されています。
また、病院内には多くの方がいるため、同じ名字の方もいる可能性があります。よって、必ずフルネームでお願いします。

医療者から渡された資料等の確認

診療券や各種資料を渡された際には、ぜひ医療者と一緒にご自身の物・内容で合っているかの確認にご協力をお願いします。

(なぜ?)
医療者が渡した物・内容がすべて合っているとは限りません。患者さん自身の目で確認いただくのは、とても効果的です。

医療安全管理基本指針

ページトップへ