YCU 横浜市立大学
search

2019年YCU Student Award表彰式開催報告および受賞者紹介

2019年YCU Student Award表彰式開催報告および受賞者紹介

YCU Student Awardは、学術、スポーツ、社会活動および文化活動などの分野において学生の範となる活躍をし、本学の名誉を高め、学内の士気を高揚した者に対して贈られる賞です。
今年度は2020年3月16日に2019年YCU Student Awardの表彰式を執り行う予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、表彰式を中止とさせていただきましたので結果のみ報告いたします。

応募総数12件に対し厳正なる審査の結果、YCU Best Student Awardには個人1件、団体1件が選出され、YCU Student Awardには個人3件および団体3件の計6件が選出されました。

受賞者の紹介

■YCU Best Student Award受賞者一覧■

(以下、敬称略)
【個人】
○坂元 駿一

【団体】
○応援団チアリーダー部 SEAGULLS

■YCU Student Award受賞者一覧■

(以下、敬称略)
【個人】
○近藤 佳裕
○加藤 麦都
○菅野 朋子

【団体】
○瀬田ゼミ
○柴田ゼミ15期生
○デーサイ主婦スリー

YCU Best Student Award受賞者の功績および受賞コメント

坂元 駿一

(生命ナノシステム科学研究科 博士前期課程 物質システム科学専攻 2年)

《功績》
・Angewandte Chemie 誌に論文が掲載
・Crystal Growth & Design 誌に論文が掲載
・日本化学会 春期年会 にて口頭発表

《受賞コメント》
この度はYCU Best Student Awardを頂き大変光栄に思います。まず、お世話になりました皆様に感謝申し上げます。特に研究指導下さいました高見澤先生や研究生活を支えて下さった家族、友人、恋人へ深くお礼申し上げます。本年度は上記以外にも4つの論文に携わることができ非常に充実した年となりました。高見澤先生が常々仰っていた、今の状態に慢心せず常に知らない何か、新しい何かに挑戦し続けなさい。勉強し続けなさい。という言葉を肝に銘じてこれからも日々精進していきたいと思っています。最後に後輩に向けて一言、成果の獲得を目指すのではなくて良い指導者の下で自分が信じる道を追求して下さい。 

応援団チアリーダー部 SEAGULLS

 
《功績》
・USA JAPAN チアリーディング&ダンス学生選手権大会2019 大学編成Show Cheerleading部門 2位
・USA School&College Nationals 2019 大学編成Show Cheerleading部門 2位
・ICU主催 2019 ジャパンオープン チアリーディング選手権 大学編成 1位

《受賞コメント》
この度は、YCU Best Student Awardにご選出いただき誠にありがとうございます。2019年は初めての国際大会出場が決まった記念すべき年になりました。出場に至るまでにはたくさんの困難や苦労がありましたが、学校の関係者はじめ多くの方のご支援のおかげで部門準優勝という成績を修めることができました。今後もこれまでの伝統を大切にしながら、さらにレベルアップし続けられるよう精進していきたいと思います。

YCU Student Award受賞者の功績および受賞コメント

近藤 佳裕

(国際総合科学部 国際総合科学科 経営科学系 経済学コース 4年)

《功績》
・学部生が査読付き国際学術誌に論文を公刊(Journal of the Japanese and International Economies)

《受賞コメント》
この度は栄誉ある賞を頂き光栄です。今回、経済学の国際査読誌に論文を掲載することが出来たのは共著者の先生方や研究会でご指導頂いた皆様のおかげです。また、本研究を通じて、研究室のメンバーと議論をしながら、毎日楽しく研究することができました。今回に留まらず、今後も研究に尽力したいと思います。 

加藤 麦都

 (生命ナノシステム科学研究科 博士前期課程 生命環境システム科学専攻 1年)

《功績》
・第8回サイエンス・インカレで審査員特別賞受賞                                                       


《受賞コメント》
この度「YCU Student Award」を賜り、大変うれしく思います。学部生1年生の時から、研究をサポートして下さった塩田先生、研究室の皆様に心から感謝しています。自主研究の機会を設けてくださった、理数マスタープログラム関係者の皆様にも大変感謝しております。毎日楽しく研究に取り組めているのは、周囲の皆様のおかげだと感じています。今後も、論文投稿や学会発表を目標に、研究活動に励みたいと思います。

菅野 朋子

(医学部 医学科 4年)

《功績》
・全日本470級ヨット選手権出場(参加条件に関東470級ヨット選手権上位)
・東日本医科学生総合体育大会ヨット競技 個人選2位、女子選3位、団体3位


《受賞コメント》
この度はStudent Awardを受賞することができ、大変光栄に思います。平素よりご支援頂いております、先生方、OBの皆様、関係者の皆様に感謝申し上げます。東医体団体優勝を目指し、練習メニューや部活の体制まで考え直し、海に出てない時間も筋トレやヨットの勉強に勤しんで参りました。結果として、全日本470選手権出場、また、YCU Student Awardを受賞することができ、大変嬉しいです。来年もより良い成績が残せるようチーム一丸となって努力して参ります。 

瀬田ゼミ

 《功績》
・JAPAN Cup2019総合準優勝
・JAPAN Cup2019弁論者4名入賞
・JAPAN Cup2019原告書面3位 被告書面1位



《受賞コメント》
この度はYCU Student Awardという栄誉ある賞を頂き、大変光栄に思います。JAPAN Cup 模擬裁判大会において、総合2位をはじめ、様々な賞を受賞することが出来たのは、瀬田先生をはじめとした様々な方のお力添えがあったからこそであり、関係者の方に心より感謝致します。来年度もさらなる成長とJAPAN Cup 模擬裁判大会の優勝を目指し、ゼミ生一丸となり精進して参ります。

柴田ゼミ15期生

《功績》
・神奈川産学チャレンジプログラムにおいて出場した4チーム全てが入賞(最優秀賞1チーム・優秀賞3チーム)
・同プログラムにおいて、地域貢献となる取り組みを企画・実行
・同プログラムにおいて、2チームに対して社員向けに再度プレゼン依頼

《受賞コメント》
この度はYCU Student Awardに選出して頂き大変光栄です。
昨年に引き続き、柴田ゼミ生がこのような名誉ある賞を頂くことができたのは、多く方々の支えがあったからです。柴田先生やOB・OGの方々を初め、全力でサポートして下さった皆様に大変感謝しております。仲間と切磋琢磨し合える環境で、引き続きお互いを高め合い、より良い成果を出せるようにゼミ生一丸となって精進して参ります。 

デーサイ主婦スリー

《功績》
・WiDS Tokyo@YCUアイディア・チャレンジ学生の部最優秀賞受賞
・日経データサイエンスフェス大学選抜プレゼン大会への参加
・本学オープンキャンパスでの登壇を含むデータサイエンス学部取材各種対応


《受賞コメント》
この度はYCU Student Awardという名誉ある賞を頂き、大変光栄です。
Women in Data Scienceのシンポジウムで、「新しい働き方」をテーマとして私たち3人で協力し、提案したことに始まり、様々な場所で発表するなど、貴重な経験をさせて頂けたことを嬉しく思います。これからもデータサイエンス学部生として、より一層精進していきます。最後になりましたが、今回の活動に限らず、日々ご指導して下さる先生方に心より感謝申し上げます。 
(2020.3.31 学生支援課 学生担当)