先端医科学研究センター先端医科学研究センター

トランスレーショナルリサーチ推進室

トランスレーショナルリサーチ推進室

トランスレーショナルリサーチ推進室の概要

基礎医学の優れた研究成果を新たな疾患の予防や診断・治療等として臨床応用できるよう円滑な橋渡しを担う推進室です。最先端の研究活動が活発に行われている本学では、トランスレーショナルリサーチのシーズが豊富に存在しています。先端医科学研究センターに整備された7つの解析センター等、多岐にわたる先端的な共同研究活動を展開できる体制を生かし、新たな治療法の開発や創薬に向けた基礎研究の成果を臨床現場で実用化するための橋渡し研究を支援します。
またバイオバンク事業では、メディカルリソースとしての優れた品質・内容を有するヒト検体の採取及び研究利用に取り組んでいます。

室長 寺内 康夫(先端医科学研究センター 副センター長、分子内分泌・糖尿病内科学 )

橋渡し研究支援業務等

トランスレーショナルリサーチ推進室では附属病院や先端医科学研究センターの解析室等と連携し、基礎及び臨床研究者の研究支援を行っています。
ご利用、ご支援をご希望される方は、まずE-mailにてご相談ください。

先端医科学研究センター 
トランスレーショナルリサーチ推進室 
准教授 芝田 渉
E-mail:wshibata@yokohama-cu.ac.jp
福浦キャンパス 先端医科学研究センター P403

部門紹介