先端医科学研究センター先端医科学研究センター

研究開発部門

研究開発部門

部門長メッセージ

研究開発部門では、がんや生活習慣病などの重要な疾患に対する新しい予防法・診断法・治療法の開発につながる、複数の研究開発プロジェクトを推進しています。これらのプロジェクトは、基礎医学の優れた研究成果を、臨床現場で実践できる医療技術にしていくためのトランスレーショナルリサーチ(TR)を目的としています。先進医療をいち早く提供することや、医療に関連する新しいライフサイエンス産業による地域振興に寄与することにより、横浜市民をはじめ多くの方々の健康増進に貢献することを目標として日々研究に取り組んでいます。研究成果の中には、国際的学術誌やメディアに掲載されたものも多く、また国の大型研究費も複数獲得しています。

医学研究科 臓器再生医学 教授 谷口 英樹

研究開発プロジェクトについて

「がん対策の推進」事業をさらに発展させ、研究成果を市民等のみなさまへ還元することを目指し、本学の持つ技術シーズを活用した最先端の医科学研究を行う研究開発プロジェクトを、学内公募により平成19年度からスタートさせました。

第3期(平成24年度~)
●シーズ開発プログラム(17件)
●先端研究推進支援プログラム(3件)
●若手育成プログラム(3件)
第2期(平成21年度~)
●シーズ開発プログラム
●先端研究推進・支援研究プログラム
●流動的若手プログラム
第1期(平成19年~20年度)
●戦略的中核プログラム「がんの制圧に向けた開発型研究」
●創造的プログラム「生活習慣病や免疫・アレルギー疾患等の克服に向けた開発型研究」

部門紹介