先端医科学研究センター先端医科学研究センター

概要

概要

横浜市立大学先端医科学研究センターは、横浜市の中期計画(平成14年~18年度)に基づいて設置された大学直属の研究センターです。がん、生活習慣病などの克服を目指した基礎研究と、その成果を臨床に応用する橋渡し研究、いわゆるトランスレーショナル研究を推進しています。また、学内の共同研究ならびに産学官連携研究の推進、バイオバンクの拡充に努めています。 

沿革


平成 18年 10月 先端医科学研究センターの開設(バイオバンク部の開設)
平成 19年 4月 先端医科学研究課の設置(事務支援部門の設置)、バイオバンク部検体採取開始
     8月 第1期研究開発プロジェクト始動(研究開発部)
平成 20年 4月 既存研究棟での共同研究支援施設整備
     12月 本学の附置研究所として正式に位置づけられる
平成 21年 3月 先端医科学研究センター基本構想策定
     9月 市民公開シンポジウム開催
     10月 第2期研究開発プロジェクト始動、臨床研究支援部門の設置
     11月 先端医科学研究センター基本設計実施
平成 24年 9月 産学連携ラボ公募
     9月 第3期研究開発プロジェクト始動
     12月 先端医科学研究センター 新研究棟竣工
平成 25年 12月 増築基本構想策定
平成 26年 10月 各解析室を解析センターと名称変更、3名の専任教員を配置
平成 27年 4月 次世代臨床研究センター開設、URA推進室設置、「先端医科学研究課」を「先端研究推進課」に変更
     8月 増築棟竣工 

バイオバンク室より

 附属病院の患者様で先端医科学研究センターに検体(血液・組織等)をご提供いただいた方へ

研究成果に関するトピックス/プレスリリース

研究成果に関するトピックス/プレスリリースについては下記よりご覧ください。

お問い合わせ

公立大学法人横浜市立大学 福浦キャンパス
先端研究推進課
TEL:045-787-2527 FAX:045-787-2509
E-mail:

概要