• 中文
  • English


{

HOME  > 診療科・部門案内  > 遺伝子診療科

遺伝子診療科

診療の特徴・特色

令和2年4月より新設された診療科です。遺伝学的検査は以前より先天性疾患や難病の確定診断などに用いられてきましたが、遺伝子研究の進歩と検査技術の革新によって、各科の日常診療においても遺伝子情報をもとに診断や疾患発症リスク予測などに実施される機会が増え、身近なものになってきています。しかしそれらの情報が病気の診断や治療に活かされることがある反面、情報が溢れたり、解釈の難しい結果が得られ困惑してしまう事例も出てきています。また遺伝情報は患者さん本人だけではなく家系全体に関係する可能性があります。遺伝子診療科では遺伝の関係する疾患やそれにまつわる検査について、分かりやすく適切な情報・知識を提供することで患者さんの不安や困惑を軽減するとともに、それをもとに患者さんが検査や治療について自律的な選択ができるための支援を行います。

主な対象疾患及び治療実績

・各種遺伝子検査に関する相談・遺伝カウンセリング
・がんゲノム診療に伴う二次的所見に対する遺伝カウンセリング など

専門外来

遺伝外来 木曜・金曜 AM・PM

紹介していただく時の留意事項

完全予約制で、当院の各診療科を通じて併診予約をしていただきます(併診予約の前に主治医の先生から遺伝子診療科まで連絡をお願いします)。また他院から患者紹介の際は遺伝子診療科までご連絡を下さい。

その他

原則として自費診療となりますのでご注意ください(一部保険診療もあります)。

担当医

医師名 職位 専門分野 特に専門とする領域 専門医資格など
田野島 美城 助教
(部長)
産婦人科学 周産期医学
遺伝カウンセリング
出生前診断
染色体・遺伝子異常
臨床遺伝専門医
産婦人科専門医
日本周産期・新生児医学会(母体・胎児専門医)専門医
The Fetal Medicine Foundation (NT, 鼻骨)
岩間 一浩 助教 新生児学 新生児全般
臨床遺伝
日本小児科学会認定専門医・指導医
臨床遺伝専門医
進藤 亮輔 助教 周産期医学
産科
ハイリスク妊娠
ハイリスク妊産婦管理
遺伝カウンセリング
日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医・指導医
日本周産期・新生児医学会(母体・胎児専門医)専門医
日本がん治療認定医
臨床遺伝専門医
臨床研修指導医

ページトップへ