• 中文
  • English


{

HOME  > 診療科・部門案内  > 消化器病センター

消化器病センター

消化器病センター
部長  國崎 主税
(消化器外科)

消化器病センター
担当部長  沼田 和司
(消化器内科)

診療の特徴・特色

 消化器病センターは消化器疾患全般(上部消化管・下部消化管・肝胆膵)にわたり、消化器内科・外科が一体となり診断・診療を行っています。それぞれの分野において専門医を揃え、最先端の診断治療を提供できるよう日々精進しております。 消化器内科では、肝炎・肝硬変・肝癌などの肝疾患や膵炎・膵癌などの膵疾患などに対する内科的治療を積極的に行い、早期食道癌・胃癌の内視鏡診断・治療を最新鋭の機種を揃えて行っております。
 消化器外科では、早期の消化器癌(食道癌、胃癌大腸癌)に対しはQOLを重視した腹腔鏡下手術を積極的に導入し、さらに進行度に応じたテーラーメイド治療を行い、癌の根治性と同時に機能温存も重視した質の高い外科治療を行っています。
 さらに、胆嚢炎・虫垂炎・憩室炎などの急性炎症性疾患に対する治療も行っています。
 消化器内科・外科は、お互いに綿密な連絡・連携体制をとり、病状に応じた治療法を適切に判断し、最適な治療を迅速に行っています。

専門外来

 ・上部消化管疾患
 ・下部消化管疾患
 ・肝胆膵疾患

紹介予約の方法(初診予約)

お申込みいただける方
医療機関からの予約または当日来院予約
外来 初診受付日
内科 月~金
外科(上部消化管疾患) 火・木
外科(下部消化管疾患) 月・水
外科(肝胆膵疾患)

紹介外来制となっておりますので、紹介状をお持ちください。

ページトップへ