• 中文
  • English


{

HOME  > 診療科・部門案内  > 消化器病センター

消化器病センター

消化器病センター
部長  國崎 主税

消化器病センター
担当部長  沼田 和司

診療の特徴・特色

 消化器病センターは消化器疾患全般(上部消化管・下部消化管・肝胆膵)にわたり、消化器内科・外科が一体となり診断・診療を行っています。それぞれの分野において専門医を揃え、最先端の診断治療を提供できるよう日々精進しております。 消化器内科では、肝炎・肝硬変・肝癌などの肝疾患や膵炎・膵癌などの膵疾患などに対する内科的治療を積極的に行い、早期食道癌・胃癌の内視鏡診断・治療を最新鋭の機種を揃えて行っております。
 消化器外科では、早期の消化器癌(食道癌、胃癌大腸癌)に対しはQOLを重視した腹腔鏡下手術を積極的に導入し、さらに進行度に応じたテーラーメイド治療を行い、癌の根治性と同時に機能温存も重視した質の高い外科治療を行っています。
 さらに、胆嚢炎・虫垂炎・憩室炎などの急性炎症性疾患に対する治療も行っています。
 消化器内科・外科は、お互いに綿密な連絡・連携体制をとり、病状に応じた治療法を適切に判断し、最適な治療を迅速に行っています。

主な対象疾患及び治療実績(内科)

 食道胃静脈瘤、胃十二指腸潰瘍、早期胃癌、早期大腸癌、早期食道癌、肝炎、肝癌、胆嚢胆石症炎、胆道癌、膵臓癌など

消化管グループ



近年の内視鏡技術の進歩により、早期胃癌をはじめとした早期消化管癌に対するEMR(内視鏡的粘膜除去術)、ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)が普及しておりますが、当院は県内で先駆けてESDを導入し、現在では年間で食道ESD102件、胃ESD316件、大腸ESD280件、十二指腸ESD24件(2019年集計)と全国の数ある施設の中でもトップクラスの実績となっております。 中でも、抗血栓薬服用者などのハイリスク症例や、技術的に難しいとされる治療後遺残再発病変、また、潰瘍性大腸炎に併発した大腸腫瘍に対しても当院IBDセンターと討議し適応可能な症例に対してESDを行い、さらなる診断や技術の確立を目指しています。 最近では、耳鼻咽喉科と合同で表在性咽頭癌に対するESDや、消化器外科と合同でGIST(消化管間葉系腫瘍)に対するLECS(腹腔鏡・内視鏡合同手術)など、他科とも連携をし、内視鏡治療を行っております。 何よりも安全を第一に、患者さまにとって病気の根治性を損ねることなく低侵襲なより良い治療を提供できるよう心がけております。


当院におけるESD治療件数

食道ESD

十二指腸ESD

大腸ESD

ESD術中風景



消化器病センター内科 胆膵グループは、胆道・膵臓疾患に特化した診療を行うグループとして、これ までに多くの患者様を担当させていただいております。 胆膵内視鏡領域は、近年、医療機器や診療技術の発展により診療範囲を拡大させており、当施設でも更なる進歩により地域の医療機関および患者様に貢献できるよう努力を続けております。 現在、以下のスタッフで超音波診断、内視鏡診断・治療、がん化学療法等に従事しており、胆膵救急疾 患への対応も365日体制で臨んでおります。当施設がお役に立てる患者様がおられましたら、お気軽 にご紹介いただきます様よろしくお願い申し上げます。


胆膵がんに対する化学療法について

切除不能胆道・膵臓癌を発症した患者さんに対する外来化学療法を積極的に行っております。初診時より診断・内視鏡治療・化学療法を同一診療科で施行することで、様々な病状に応じた適切な治療を選択していただけるように配慮しております。また、これまで多くの日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)による医師主導試験や、企業主導の新薬治験を実施してきた豊富な経験を有しております。現在、新規に登録を受け付けているJCOG試験、新薬の治験は以下の通りです。
・JCOG試験
 対象:膵がん
    「JCOG1611(遠隔転移を有するまたは再発膵癌に対するゲムシタビン+ナブパクリタキセル併用療法/
    modified FOLFIRINOX療法/S-IROX療法の第II/III相比較試験)」
・新薬の治験
 対象:肝内胆管がん、肝門部胆管がん
    「切除不能又は転移性の胆管癌患者を対象としたINCB054828の第Ⅲ相試験」
 対象:胆道がん(肝内胆管がん、肝外胆管がん、胆のうがん、十二指腸乳頭部がん)
    「進行性の胆道がん患者に対する JPH203 のランダム化比較第II相試験」

胆膵内視鏡診療について

ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)関連処置、EUS(超音波内視鏡)関連処置をそれぞれ年間約600件行っています。移設後再建消化管に対するバルーン内視鏡を用いたERCP、EHL(電気水圧衝撃波結石破砕)を用いた胆道鏡下結石破砕、超音波内視鏡を用いた胆膵間や膵周囲液体貯留に対するドレナージ治療など、低侵襲な専門性の高い治療手技を数多く実施しています。

・超音波内視鏡下 膵胆道ドレナージ術
近年超音波内視鏡を用いた膵胆道ドレナージ治療が急速に普及しており、当センターでもこれまでに90件施行しています(96%で成功)。この様な治療法により、進行癌の患者様にも体表からチューブを留置することなく生活していただけます。

十二指腸下行脚の腫瘍浸潤による狭窄に対して内視鏡二指腸ステント留置術を施行。続いて、十二指腸から総胆管を穿刺し、胆道ステントを留置しました。

・術後消化管に対するバルーン内視鏡を用いたERCP
胃全摘後、膵切除後などの患者様に対する結石除去術・狭窄拡張術はこれまで内科的治療が困難でしたが、当センターでは胆膵処置用バルーン内視鏡(小腸鏡)を導入し、積極的に低侵襲な治療を行っています。現在、ERCPのうち約15%(年間約80件)がこのような患者様を対象としています。

・内視鏡的乳頭切除術

十二指腸乳頭部に限局する腫瘍(腺腫もしくは粘膜にとどまるがん)を適応としています。スネアを用いて内視鏡的に一括切除を行います。

・超音波内視鏡下膵嚢胞ドレナージ術・内視鏡的ネクロゼクトミー

重症急性膵炎に合併した感染性被包化壊死に対し、超音波内視鏡を用いてステントを留置します。症例によっては、さらに、留置したステントを介して内視鏡を被包化壊死に挿入し壊死物質を除去する治療(内視鏡的ネクロゼクトミー)を行います。




2019年治療実績 ERCP関連処置:597件(乳頭括約筋切開術:110件,乳頭バルーン拡張術:64件,胆管ステント留置術:264件,経鼻胆道ドレナージ術:81件,膵管ステント留置術:65件,胆膵管管腔内超音波:55件,バルーン内視鏡を用いたERCP:78件,胆道鏡・EHL:10件,内視鏡的乳頭切除術:10件),EUS総数:640件(EUS-FNA:130件,IVR-EUS:26件),内視鏡的ネクロゼクトミー:3件 など



近年、インターフェロン(IFN)フリー治療(DAAs)によるC型肝炎ウイルス排除は810例以上あり、現在までに95%以上の治癒率を達成しています。また新薬の多施設臨床試験にも参加しており、最近は今まで治療が難しかった非代償性肝硬変の方やDAAs治療が成功しなかった方への再治療も行っており、良好な成績を得ています。 肝臓癌については、早期肝細胞癌(HCC)のラジオ波治療から進行HCCの分子標的薬の投与まで、幅広く治療を実施しています。ラジオ波焼灼療法(RFA)(図7)を2019年は76件施行し、3㎝を超える大型のものも対象としています。血管造影検査とCT検査が同時に行えるIVR-CTを用い、2019年は肝動脈化学塞栓療法(TACE)60件、肝動注化学療法(TAI)28件施行しています。分子標的薬も積極的に投与しており、Sorafenib300例以上、Regorafenib30例以上、Lenvatinib80例以上に投与し、Lenvatinibは手術前投与やTACE・TAI・RFAとの併用も行っております。 さらにがん免疫療法(anti-PD-1 agent単独または併用)や術後補助療法の治験にも参加しております。


主な対象疾患及び治療実績(外科)

 食道癌、胃癌、大腸癌、肝癌、胆管癌、胆嚢癌、膵癌、胆嚢胆石症、食道アカラシア、食道裂孔ヘルニア、虫垂炎など

専門外来

 ・上部消化管疾患
 ・下部消化管疾患
 ・肝胆膵疾患

紹介予約の方法(初診予約)

お申込みいただける方
医療機関からの予約または当日来院予約
外来 初診受付日
内科 月~金
外科(上部消化管疾患) 火・木
外科(下部消化管疾患) 月・水
外科(肝胆膵疾患)

紹介外来制となっておりますので、紹介状をお持ちください。

ページトップへ