研究推進センター研究推進センター
search

採用の流れについて

採用の流れについて

 (1)研究費・給与額・採用月等が決まりましたら、研究推進センターへご連絡ください。研究費によっては雇用に関して細かい条件がある場合がございます。(2)の手続きを行う前に研究推進センターの研究費担当者か特任教員・博士研究員の採用手続き担当者へご連絡ください。

 (2)受入教員より各研究科会議に下記【提出書類】1~3を提出→承認→承認印押された書類が受入教員へ返却されます。(申請は必ず本人ではなく、受入教員よりお願いいたします)
研究科会議には採用月の2か月前までに申請してください(例:6月採用の場合は4月の会議に提出)

 (3)受入教員より下記【提出書類】1~5を研究推進センターへ提出

 (4)採用手続き(担当:研究推進センター)

 (5)理事長による採用決定

※採用決定後、研究推進センターより採用関係書類を、受入教員又は事務代行担当者宛にお送り致します。
※上記採用関係書類と一緒に送付する「労働条件通知書」の内容を必ずご確認ください。


申請に関する注意事項


*特任教員については受入期間を1回の申請で複数年(限度5年)申請することは可能ですが、原則申請時に複数年分の雇用財源が予算として確保されている必要があります。(採用年に大学に全額入金される必要はありません)
*申請できる博士研究員の受け入れ期間は最高1年です。
*博士研究員は採用時に35歳未満であることが条件です。
*現在申請中の研究費で採用を予定している場合でも申請は可能です。不採択の場合は取り消しとなります。

研究費