研究・産学連携推進センター研究・産学連携推進センター
search

文部科学省 科学研究費助成事業の公募について

科研費公募に関する最新情報

■国際先導研究の公募が開始されました(2023/1/12)
■令和5年度(2023年度)基盤(B・C)・挑戦的・若手・学変A(公募)・
 研究成果公開促進費・奨励研究の公募が開始されました。(2022/8/1)※終了※
■令和5年度(2023年度)特別推進研究・基盤研究(S・A)の公募が開始されました。(2022/7/1)※終了※
■令和4年度(2022年度)国際共同研究強化A・帰国発展研究の公募が開始されました。(2022/7/1)※終了※

令和5年度 科研費公募の主な変更点
・【注意】公募スケジュールが昨年度に引き続き前倒しになっています。
  学術変革A・B → 2022年5月23日公募開始
  特別推進・基盤S・基盤A → 2022年7月1日公募開始
  基盤B・基盤C・若手・挑戦的・学術変革A(公募) → 2022年8月1日公募開始

・「若手研究(2回目)」と「挑戦的研究(開拓)」について、重複応募・重複受給が可能となりました。

・基盤研究(B)において、著しく応募件数の少ない状況にある一部の小区分について、
 複数の小区分での合同審査が実施されます。

・小区分の「内容の例」が見直されました。

・研究インテグリティの確保に係る対応(昨年度に引き続き)
 →国内の競争的研究費のみならず、国外も含めた研究資金を記載します
 →研究課題を応募・受け入れるにあたっての所属組織・役職を記載します

<横浜市立大学URA科研費セミナー動画配信のご案内>
   動画および資料は以下の学内ページをご参照下さい。
 www-user.yokohama-cu.ac.jp/~kenkyu/

令和5年度(2023年度)科学研究費助成事業の公募について

■提出期限

  学内締切
【注1】
機関承認日
【注2】
本締切
(機関承認を経て申請到達完了している状態)
学術変革領域研究(A・B) 7月5日(火) 必ず研究基盤課と個別に調整願います。 7月19日(火)16:30
特別推進、基盤S、基盤A
国際共同A・帰国発展
8月16日(火) 9月2日(金) 9月5日(月)16:30
基盤B、基盤C、若手、挑戦
学術変革A(公募研究)
研究成果公開促進費・奨励研究
9月14日(水) 10月4日(火) 10月5日(水)16:30
国際先導研究 2023年3月1日(水) 2023年3月14日(火)※ 2023年3月15日(水)16:30


【注】
1.学内締切までに、研究計画書を科研費電子申請システムへアップロードください。
  事務チェック後、修正・ご確認いただきたい点がある場合、差戻しいたします。

2.不備なく確実に応募を行うため、本締切の前日に機関承認を行います。
  機関承認が完了していること(科研費電子申請システム上で応募状況が「学振受付中」となっていること)
  を、本締切前に応募者も確認くださいますようお願いします。
  
 ※承認後は、申請書の差戻しは原則できません。
  機関承認日の一週間前までを目安に、余裕をもって電子申請システムに最終版をアップロードください。

申請手続きの流れ

STEP1 eRad登録

科研費応募にあたっては、e-Rad上で研究者登録が必要です。
応募予定でまだe-Rad上に登録がない方、登録内容に変更がある方は、下記リンクの登録申請書を科研費担当に提出してください。

STEP2 公募要領の入手

 応募する研究種目の公募要領をダウンロードします。複数応募を希望される方は各研究種目の「重複応募の制限」が設けられていますので、必ず公募要領を確認の上、申請してください。

■JSPS 公募要領
・学術変革領域研究A・B
特別推進研究・基盤研究・挑戦的研究・若手研究
・国際共同研究強化A
・帰国発展研究
・学術変革領域研究A(公募研究)
・国際先導研究

STEP3 申請書作成支援(希望者)

●申請書チェック
 2022/5/10付のYCU-URA-News No.261にて案内がありましたとおり、
 令和5年度申請書作成支援を外部業者および退官教員への委託にて実施いたします。
 今年度はURAが少人数体制のため、URAによる添削支援は行っておりません。
 つきましては、外部業者や本学退官教員等による支援を積極的にご活用ください。

 各支援内容の詳細は、学内限定ページに掲載しております。
 
 添削スケジュールや委託先等の詳細は、下記学内限定ページをご参照ください。
 申込〆:7月27日(水)
 https://www-user.yokohama-cu.ac.jp/~kenkyu/?p=10926


⇒7月27日を以てすべての申込を締め切らせていただきました。
 支援申込締切に間に合わなかった場合は、上記学内限定ページに記載しております
 各担当者までご相談ください。
 ※なお、ご相談時期や委託先の状況によってはご希望に添えかねますので、
  ご承知おきください。


●過去の採択調書を閲覧できます
 閲覧期間:2022年7月1日(金)~10月5日(水)
 閲覧場所:八景キャンパス 本校舎1階 研究推進部​
      福浦キャンパス 先端医科学研究棟5階 URA部門
      鶴見キャンパス 事務室
      舞岡キャンパス 事務室
      センター病院  本館5階 管理部総務課(庶務担当)

  ※持ち出し・コピー、撮影不可です。
  ※一部の調書についてはオンラインでも閲覧できます。
  ⇒オンライン閲覧の申し込みはこちらから


●研究・産学連携推進センター長メッセージ
 学内専用ページに、研究・産学連携推進センター長メッセージを掲載していますので
 ぜひご一読ください。
     公立大学協会主催 勉強会「科研費申請の戦略的アプローチ 2022年度版
    —着実に研究を発展させる計画調書の書き方、考え方」アーカイブ動画配信
   https://www-user.yokohama-cu.ac.jp/~kenkyu/?p=10977

 ・   
若手研究者の皆さんへエールを!~科研費採択を目指して~
   https://www-user.yokohama-cu.ac.jp/~kenkyu/?p=10939  

STEP4 応募書類の提出

科研費電子申請システムから提出(ID、PWはe-Radと共通)

①学内締切までに電子申請システムよりご提出ください。
※作成支援による添削が完了していない方も、一度、電子申請システムよりご提出ください。

②事務にて様式・経費部分についてチェックを行います。

③修正・ご確認いただきたい点がある場合、事務より差戻しいたします。
※作成支援途中の方も、チェック後、事務より差戻しいたします。

④修正後、最終版を電子申請システムよりご提出ください。
※作成支援を受けられている方は、添削内容と事務チェック内容の両方を反映させた
 最終版をご提出ください。

⑤本締切の一営業日前に事務にて機関承認を行い、日本学術振興会への本提出が完了します。
 科研費電子申請システム上で、応募状況が「学振受付中」となっていることを、本締切前に応募者もご確認ください。

STEP5 研究倫理教育の受講

採択後の交付申請前までに研究倫理教育を受講することが必須となっております。

研究成果公開促進費、奨励研究

※別途、応募者IDの取得が必要な種目

※令和5年度 公募終了※
   研究成果公開促進費  奨励研究
公募要領・各種様式ダウンロード  https://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/13_seika/keikaku_dl.html  https://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/11_shourei/koubo.html
応募者ID申請期限
2022年9月30日(金)16:30
 https://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/13_seika/data/keikaku_dl/r04/r04_seika_idpw_yoryo.pdf https://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/11_shourei/data/koubo/r04/r4_flow_shourei.pdf
応募書類の提出(電子)
学内締切 9/14(水)
本締切  10/5(水)16:30
https://www-shinsei.jsps.go.jp/kaken/seika/index.html https://www-shinsei.jsps.go.jp/kaken/shourei/index.html
紙媒体の提出
本締切10/12(水)郵送必着
・学術図書
 「完成した原稿等の写し」
・国際情報発信強化
 「最新の刊行物等」
※提出が必要な場合のみ
 なし

研究費