Tel.045-787-2800(代表) お問い合わせ

当院の取組み

手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」を用いた胃がんの治療について

横浜市立大学附属病院消化器・一般外科
利野 靖、湯川 寛夫、青山 徹、渥美 陽介

わが国では胃がんに対する腹腔鏡手術が1991年に始まり、内視鏡外科学会のアンケートでも年々、その手術件数は増加しています。2008年にロボット支援下による胃がん手術が開始されました。その後、泌尿器科での前立腺手術の保険診療が始まりました。ロボット支援下手術の始まりは胃がん手術でありましたが、保険収載されていませんでした。2014年ころからロボット支援下手術は通常の腹腔鏡手術に比べ、術後の合併症が少なく、入院期間が短くなることが報告されるようになりました。その結果、2018年4月、その手術術式が保険収載されました。しかし、どこでも行って良いわけではなく、施設基準が設けられています。その基準は当該施設にロボット支援での胃がん手術を10例以上(うち1例は胃全摘)行ったことがある医師がいることです。当院では、その基準を満たしていますし、日本内視鏡外科学会の提言※も遵守しています。

当院でも泌尿器科の前立腺がん手術に対してのDaVinci Si導入に伴い、倫理委員会で承認をもらい、2015年7月から胃がん手術に対するロボット支援下手術を導入しました。導入後、保険収載までに、20例の胃癌手術を行い、うち、5例は胃全摘を行っています。手術後の入院期間は胃全摘で7日、幽門側胃切除では6日で退院できるようになりました。これまで術後の合併症は0ではなく、感染性の合併症や、腸閉塞などの合併症を経験していますが、無事退院され、現在も元気に外来通院されています。2018年4月以降、当院では、胃がんの治療にあたっては開腹手術、腹腔鏡下手術、に加えて、手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」による手術を行っております。 手術支援ロボットの導入によりストレスの少ない、より複雑で細やかで、侵襲性の少ない手術ができるようになったため、患者さんの病態に応じたきめ細かな対応が可能となります。

手術費用はロボット支援下手術(ダ・ヴィンチ手術)のご案内に記載されています。

実際の執刀はロボット支援手術術者認定証を有し、当院で定めた術者認定を満たした者が行います。手術を希望する方は、安心して入院・手術ができるようスタッフ一同努めています。詳細は各担当医までお尋ねください。
消化器・一般外科 利野 靖 医師

ご案内

初診

午前8:30~午前10:30

再診

予約あり 午前8:00~午後4:00(再診受付機)  
予約なし 午前8:00~午前11:00(外来受付)

診療時間

午前9:00~午後4:00
※詳細についてはお問い合わせください。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う面会禁止のお知らせ

現在、院内にて新型コロナウイルス感染症の感染が拡大しておりますため、面会を原則禁止します。
入院患者さん・ご家族への感染拡大を防止するため、ご理解のほどよろしくお願いいたします。