{

HOME  > 咽喉頭がんに対するda Vinciロボット支援下手術

咽喉頭がんに対するda Vinciロボット支援下手術

嚥下,構音,発声に深く関わる咽喉頭に生じる咽喉頭がんに対する治療には,根治性を損なわず,かつ術後の機能障害もなるべく生じないような配慮が必要です。咽喉頭がんに対する経口的切除術が低侵襲治療としてその有用性が多く報告されており,本邦ではビデオ内視鏡下に行う方法が広く行われております。一方で,米国を中心にロボット支援手術システムを用いた経口的切除術が広く行われており,その有用性と安全性が多く報告されてます。同手術では3D内視鏡の良好な視野のもとで自由度の高い鉗子を用いて腫瘍の切除操作を行うことで,これまで手術が難しかった咽頭・喉頭病変を安全に摘出することが可能となります。
本邦では2018年8月に咽喉頭がんにおける経口的ロボット支援手術に対するda Vinciサージカルシステムが追加薬事承認されたことを契機に,2019年4月より全国で咽喉頭がんに対する経口的ロボット支援手術の導入が始まりました。当院耳鼻咽喉科・頭頸部外科におけるda Vinciロボット支援下手術は院内の先進医療推進事業の一つとして2020年2月より開始し,実績を重ねております。

費用と実施医について

本術式は2022年4月より保険適用となりました。当院では咽喉頭がんに対するロボット支援下手術において保険診療の施設認定を受けているため,保険診療となります。費用は通常の鏡下手術(鏡視下咽頭悪性腫瘍手術,鏡視下喉頭悪性腫瘍手術)と同様となります。
実際のロボット支援下手術(da Vinci手術)の執刀は、ロボット手術術者認定証を有し,当院で定めた術者基準を満たした者が行います。
2022年7月現在,佐野大佑(日本頭頸部外科学会認定プロクター<手術指導医>),波多野孝が術者となっております。

担当医より

咽喉頭がんに対するロボット支援下手術については,いつでも当科医師へお問い合わせください。担当医は,佐野大佑,波多野孝となります。

問い合わせ先:耳鼻いんこう科外来
主な外来診察日(初診):月曜~金曜 9:00~12:00

ページトップへ