ナビゲーションをスキップして本文へ
  • English
  • 通常版
  • テキスト版
  • 交通・キャンパス案内
  • サイトマップ
  • 大学トップ

研究者検索


ここから本文

HOME  > 知的財産・特許  > 石川義弘教授らの研究成果が、日本で特許として成立しました

石川義弘教授らの研究成果が、日本で特許として成立しました

本学大学院医学研究科の石川義弘教授らが、国立大学法人横浜国立大学と共同出願していた下記の特許が、2015年12月11日付で日本において特許権として設定登録されました。なお、本件はアメリカ合衆国で既に特許となっております。

発明の名称アデニル酸シクラーゼの活性調節剤
出願日 2011年10月20日
発明者 石川義弘、奥村敏(星野雄二郎、井上誠一(横浜国立大学))
登録日 2015年12月11日
番 号 第5849336号
特許成立国 日本
内 容 心臓型アデニル酸シクラーゼを阻害できる新規化合物を提供。