ナビゲーションをスキップして本文へ
  • English
  • 通常版
  • テキスト版
  • 交通・キャンパス案内
  • サイトマップ
  • 大学トップ

研究者検索


ここから本文

HOME  > 知的財産・特許  > 橘 勝教授らの研究成果が、日本で特許として成立しました

橘 勝教授らの研究成果が、日本で特許として成立しました

生命ナノシステム科学研究科の橘勝教授らが、国立研究開発法人物質・材料研究機構と共同出願していた下記の特許が、2015年11月6日付で特許庁から特許権として設定登録されました。

発明の名称フラーレンピラー電極及びその製造方法、並びに太陽電池
出願日 2011年8月10日
発明者 橘勝、栗山遼太(宮澤薫一、加藤良栄(国立研究開発法人物質・材料研究機構))
登録日 2015年11月6日
番 号 特許第5830743号
特許成立国 日本
内 容 高導電性を有するフラーレンピラー電極及びその製造方法、並びに光―電流変換効率の高い太陽電池を提供。