ナビゲーションをスキップして本文へ
  • English
  • 通常版
  • テキスト版
  • 交通・キャンパス案内
  • サイトマップ
  • 大学トップ

研究者検索


ここから本文

HOME  > 知的財産・特許  > 杤久保 修特任教授らの研究成果が、中国で特許として成立しました

杤久保 修特任教授らの研究成果が、中国で特許として成立しました

本学大学院医学研究科社会予防医学の杤久保 修特任教授が、セイコーエプソン株式会社と共同出願していた下記の特許が、2015年10月7日付で中国において特許権として設定登録されました。なお、本件は日本においては2015年4月24日付で特許として設定されております(特許番号 第5732692号)。

発明の名称血圧検出装置および血圧検出方法
出願日 2011年8月1日
発明者 杤久保 修(横山 敏彦(セイコーエプソン株式会社))
登録日 2015年10月7日
番 号 中国特許第1811754号
特許成立国 中国
内 容 オシロメトリック法による血圧測定において、最高血圧時に発生する固有波形を用いて最高血圧値を決定することにより、計測時間を短縮することができる血圧検出装置を提供。