ナビゲーションをスキップして本文へ
  • English
  • 通常版
  • テキスト版
  • 交通・キャンパス案内
  • サイトマップ
  • 大学トップ

研究者検索


ここから本文

HOME  > 知的財産・特許  > 高山光男教授らの研究成果が、日本で特許として成立しました

高山光男教授らの研究成果が、日本で特許として成立しました

生命ナノシステム科学研究科の高山光男教授らが出願していた下記の特許が、2015年10月16日付で特許庁から特許権として設定登録されました。

発明の名称大気圧コロナ放電イオン化システム及びイオン化方法
出願日 2011年8月10日
発明者 高山光男、関本奏子
登録日 2015年10月16日
番 号 特許第5822292号
特許成立国 日本
内 容 試料物質の同定にとって重要な反応イオン種の特定又は制御を可能にする大気圧コロナ放電イオンシステム及びイオン化方法を提供する。