研究・産学連携推進センター研究・産学連携推進センター
search

福田浩之講師らの研究成果が、日本で特許として成立しました。

2019.06.14
  • 研究

福田浩之講師らの研究成果が、日本で特許として成立しました。

本学医学研究科の福田浩之講師らが国立大学法人東京大学と共同出願していた下記の特許が、2019年3月8日付で日本において特許権として登録されました。
発明の名称  生体内運動追跡装置
出願日 2015年3月2日
発明者 福田浩之、沼田和司、(小泉憲裕、李東俊、藤井達也、月原弘之、東隆、杉田直彦、宮嵜英世、本間之夫、松本洋一郎、光石衛(東京大学))
登録日 2019年3月8日
番 号 特許第6489637号
特許成立国 日本
内 容 生体内を概周期的に運動する注目部位を、生体構造を撮影した生体像において追跡する装置に関する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加