• 外来担当医表
  • 交通案内
  • サイトマップ
045-787-2800
045-787-2800


{

HOME  > 診療科・部門案内  > 診療部門  > 皮膚科

皮膚科

皮膚科 診療科部長 主任教授 相原 道子

診療科部長/主任教授
(兼)相原 道子

皮膚科 担当部長 和田 秀文

担当部長
和田 秀文

診療内容・特色・主な対象疾患

主な対象疾患

アトピー性皮膚炎・蕁麻疹・接触皮膚炎・薬剤/食物アレルギー
皮膚腫瘍(良性・悪性)
乾癬・掌蹠膿疱症
水疱症・膿疱症
膠原病・脈管疾患(血管炎、循環障害等)・ベーチェット病
など、皮膚科学全般の疾患を診療対象としています。

診療の特色

免疫・アレルギーを専門とするスタッフが多いためアトピー性皮膚炎、蕁麻疹、接触皮膚炎、薬剤アレルギー(スチーヴンス・ジョンソン症候群、中毒性表皮壊死症ほか重症薬疹)、食物アレルギー、膠原病(皮膚筋炎、強皮症、全身性エリテマトーデスなど)および血管炎、水疱症、脱毛症などの疾患に関しては、詳細な検査のほか専門的な治療を積極的に行っています。乾癬については、外用療法以外に、光線療法・内服療法・生物学的製剤を用いた治療により重症例に対応しています。皮膚悪性腫瘍では、メラノーマ、有棘細胞癌、乳房外パジェット病を中心に多くの手術を行い、免疫チェックポイント阻害薬を含めた分子標的薬など新しい治療も積極的に進めています。
他に、重症薬疹・重症膠原病・難治性水疱症に対するステロイドパルス・エンドキサンパルス・二重濾過血漿分離療法、大量免疫グロブリンを用いた治療など種々の治療に対応しています。
外来は、「新患外来」、「一般外来」、「専門外来」で構成されています。新患の方はまず「新患外来」にかかっていただきます。その上で、初診担当医が適宜、「一般外来」、「専門外来」に割り振ります。

主な治療実績・専門外来・検査等

以下に、専門外来をご紹介します。

専門外来

(1)アトピー性皮膚炎・蕁麻疹(火am/火pm/木am)
アトピー性皮膚炎に対しては原因や悪化因子の検索を血液検査や皮膚テストで行い、治療に反映させています。外用薬や抗ヒスタミン薬を用いる標準的な治療から、ナローバンドUVBによる光線療法、抗真菌療法、内服免疫抑制剤や分子標的薬を用いる新しい治療まで重症度に応じて選択します。また、外用療法で十分にコントロールできない重症の方が対象です。2018年5 月よりデュピクセントDupixen(t 皮下注射)の治療を行っています。急性増悪したときには、短期間の入院治療も可能です。また、外用療法の塗り方や、基礎的な知識を習熟するための教育入院(約1週間)も行っています。教育入院では、約10日間の入院プログラムを組み、具体的な外用方法やアトピー性皮膚炎全般に関して深く理解できるような内容のセミナーを開催し、皮膚科医師が個別に指導しています。
当院は、蕁麻疹の専門機関として国際認証(UrticariaCenter of Reference and Excellence:UCARE)を受けた病院です。蕁麻疹のタイプ(病型)を見極めてから、検査や治療を行います。抗ヒスタミン薬などの内服治療のほか、抗IgE抗体療法、ゾレア(皮下注射)、エピペンの処方を行います。ゾレアは、原因不明の慢性蕁麻疹のなかでも、抗ヒスタミン薬では十分にコントロールできない方を対象とします。そのほかにも、病型に即した検査や治療を行っているほか、新規薬剤の治験も行っています。また、以下のような特殊検査も行っています。
TEMP TEST:寒冷蕁麻疹や温熱蕁麻疹の温度閾値を測定し、治療や生活指導を行います。
温熱発汗試験:温度刺激による発汗量の低下を測定します。(原則、入院で行います。)
光線試験:日光蕁麻疹の診断と原因となる波長を検査します。
食物アレルギーや薬物アレルギーによる蕁麻疹では、原因を明らかにするために、入院による誘発テストを行うこともあります。特に、食後の運動で蕁麻疹や呼吸困難、ときに血圧低下や意識障害までみられる食物依存性運動誘発アナフィラキシーでは、入院による負荷試験が診断のために必要です。

(2)腫瘍外来(月am)
皮膚がん(メラノーマ、乳房外パジェット病、有棘細胞癌、基底細胞癌など)の診断から手術、化学療法・免疫療法・放射線療法といった集学的治療までのトータルな診療を行っています。
診断にはダーモスコピーを用いて早期診断をおこなっています。また適応のある悪性黒色腫の患者さんに対しては免疫チェックポイント阻害薬による治療なども行っています。疾患別のセカンドオピニオンにも随時、対応しています。

(3)乾癬外来(水am)
乾癬は、皮膚だけではなく、関節やメタボリック症候群などを合併しやすい全身性の炎症性疾患であることがわかっており、乾癬治療は著しく進歩しています。
皮疹とともに関節炎やブドウ膜炎、メタボリック症候群などの合併症の有無を精査の上で治療法を決定していきます。当科では、関節エコーを導入しており、末梢関節の関節炎評価も行っています。通常の治療として、外用療法、内服療法(免疫抑制剤以外)を試みますが、治療になかなか反応しにくい難治例については、ナローバンドUVB療法、エキシマライト、免疫抑制剤内服療法なども行っています。掌蹠膿疱症に対してもナローバンドUVB療法、エキシマライトなどを行っています。また、重症例には生物学的製剤を導入して治療を開始していますが、予期せぬ副作用が出ることがあるため注意しながら定期的に採血検査・画像検査を行っています。
いくつかの新規治験も行っておりますので、広範囲な皮疹だけでなく、小さな範囲でも顔面、頭皮、爪乾癬、さらに関節症状のある方など、是非積極的にご紹介ください。

(4)水疱症外来(火pm)
自己免疫性水疱症(天疱瘡、類天疱瘡)は、まれなものは別として、診断は比較的容易ですがしばしば治療に難渋します。入院しての治療開始となることが多く、副腎皮質ホルモンと呼ばれるステロイド剤が中心に用いて治療を開始することが多く、治療が十分でない時は、年齢や合併症、病勢を考慮して、ステロイドパルス療法、大量免疫グロブリンの点滴、血漿交換療法、免疫抑制剤を用いて治療しています。治療過程では様々な副作用が起こるため、その対策には特に留意して治療しています。
症状が落ち着いてくる頃に外来通院となります。
外来では調子が良ければステロイド剤を減量したり、調子が悪ければ他の免疫抑制剤を加えたりしながら病気が落ち着くように管理していきます。

(5)膠原病・脈管外来(木pm)
全身性強皮症、皮膚筋炎、エリテマトーデスなどの膠原病および血管炎の患者さんを主に診療しています。
膠原病専門の医師が、皮膚だけでなく諸臓器に気を配って診療を行います。
全身性強皮症は開院以来多くの患者さんが通院しており、臨床試験の他、基礎的研究を含め皮膚線維化の治療や指尖潰瘍の治療を行っています。
皮膚筋炎は最初に皮膚科を受診することも多い疾患です。
筋肉や肺など諸臓器の状況を把握し、場合によっては他診療科と相談しながら適切な治療を行います。
臨床研究も盛んに行っており、よりよい治療法の提案を目指しています。

(6)パッチテスト外来(月pm/水pm/木pm)
接触皮膚炎、薬疹、金属アレルギーなどの原因を明らかにするために皮膚テストの一つであるパッチテストを行ないます。試薬を背部や上腕に貼布する日(月曜日)と判定日(水、木曜日)の最低3日は検査のための来院が必要です。金属アレルギーではさらに翌週(月曜日)も判定を行ないます。それにより明らかになった原因物質を避けることにより症状が軽快します。なお、6~9月の夏季は発汗により検査用の絆創膏を数日に渡って貼ることができないため、検査は原則としてお休みになります。
ご希望の方は入院で検査を行います。

(7)薬疹
特に薬疹の専門外来は設けていませんが、院内で発生した薬疹はもちろん、他院からも比較的重症な患者さんを受け入れています。重症薬疹では速やかな治療が予後に大きく関わりますので、診断後は原則入院のうえ、ステロイドパルス療法、大量免疫グロブリン療法、血漿交換などを組み合わせて治療に当たっています。
薬疹が治った後も、必要に応じて採血、パッチテスト外来、プリックテスト外来で精査を行い、できる限り原因薬特定に努めています。
また、薬疹の中にはウイルス感染を伴ったり、膠原病の並存が認められる場合があるためこちらも平行して検索を行っています。

(8)その他
毛髪色素外来(木am)では円形脱毛症などの免疫異常が関与した脱毛症に対して、局所免疫療法や紫外線療法を行っています。局所免疫(SADBE)療法など一部の治療は自費診療となります。現在は脱毛症患者さんの増加のため、新規の患者さんをお受けすることが難しい状況が続いています。

その他

紹介していただく時の留意事項

初診には紹介状が必要です。ご紹介して頂く場合には、各種検査結果やご処方内容、皮膚生検済の場合にはそのプレパラートなど添付いただけますと、より早く正確に診断・
治療が進みますのでご協力をお願いいたします。

ページトップへ