• 外来担当医表
  • 交通案内
  • サイトマップ
045-787-2800
045-787-2800


{

HOME  > 診療科・部門案内  > 診療部門  > 腎臓・高血圧内科

腎臓・高血圧内科

診療内容・特色・主な対象疾患

附属病院腎臓・高血圧内科では、血液浄化センターと連携して、患者さんの立場に立った医療の実践をめざしています。腎臓・高血圧内科/血液浄化センターとしての主な対象疾患や行っている治療として、高血圧、動脈硬化を中心とした生活習慣病、急性腎障害、慢性腎臓病(糖尿病性腎症や腎硬化症など保存期、透析導入期、維持透析期:血液透析/腹膜透析)、急性腎炎・慢性腎炎(IgA腎症、巣状糸球体硬化症など)・ネフローゼ、血管炎・膠原病、若年性高血圧・治療抵抗性高血圧・二次性高血圧、血漿交換治療・血漿吸着治療(アフェレシス)が挙げられます。また、最近増加している糖尿病性腎症を中心とした慢性腎臓病に対する集学的治療や急性腎障害に対する緊急的血液浄化療法などにも対応しています。
かかりつけの先生からの紹介の多い、蛋白尿・血尿の初診患者さんは、腎機能検査、免疫学的検査、尿蛋白定量検査のほか、超音波検査やCTスキャンなどの非侵襲的検査を積極的に行い、治療方針を決定しています。急性腎炎、慢性腎炎(IgA腎症、巣状糸球体硬化症、膜性腎炎など)、ネフローゼの診断に必要とされる腎生検は、適応をよく吟味し施行します。病理部の充実により、光学顕微鏡・免疫染色に加え、電子顕微鏡診断を行っています。また、腎生検の結果、IgA腎症と診断された患者のうち希望される方には、適応をよく吟味した上で、扁桃摘出術とステロイドパルス療法の併用療法を行っています。近年では、生活習慣の乱れから糖尿病、高血圧、動脈硬化などの生活習慣病となり、生活習慣病が引き起こす糖尿病性腎症や腎硬化症が原因となって、慢性腎臓病が進行し腎移植や透析療法が必要となる末期腎不全の患者さんが増加しています。したがって、糖尿病、高血圧、動脈硬化、慢性腎臓病の患者さんに対しては、通常の診察室での血圧測定に加えて、家庭血圧や自由行動下血圧測定などの専門的な診察室外血圧測定も併用して詳細な血圧変動指標の評価を行い、24時間にわたる理想的な血圧管理治療を行っています。また、糖尿病性腎症の患者さんには、食事栄養指導を含むチーム医療による集学的な治療も行っています。さらに、腎臓病患者さんの教育入院プログラムもあり、短期間の教育入院をしていただき、透析回避のための治療の内容と意義について十分に理解いただき、また動機付けとしていただけるようにしています。
血液透析は入院患者さんを主に対象とし、多発合併症を持つ困難例を中心とした、血液透析導入時や、救急の急性腎障害の患者さんおよび他科入院の透析患者さんに対して行っています。外来維持透析の患者さんについては、特殊透析を必要とする場合や、透析困難症を除いては、地域の関連透析クリニックで管理を行って緊密に病診連携しています。腹膜透析の導入も積極的に行っており、在宅腹膜透析患者さんのための専門外来を開いています。血液透析患者さんの透析アクセストラブルにも対応しており、内シャント造設術、内シャント血管拡張術、動脈表在化手術や透析困難症の精査・治療なども行っています。
当科は、日本高血圧学会を創設した病院としても全国的にも有名であり、高血圧の精査・治療目的にて他の規模の大きい病院から紹介受診される患者さんも多く、若年性高血圧、治療抵抗性高血圧、重症高血圧、二次性高血圧に対する、詳細な血圧変動評価を含めた、専門的な診断・治療・研究を行っています。また、高血圧患者さんのための教育入院のプログラムもあります。
当科には、所属する医学部循環器・腎臓・高血圧内科学教室としての特色もあります。それは、当科(腎臓・高血圧内科)と附属病院循環器内科との一体的な診断・治療体制にあります。腎臓・高血圧内科/血液浄化センターでは、患者さんの立場に立った医療の実践をめざして、循環器内科との密接な連携診療による、“心血管腎臓病”に対する効率的な高度専門医療の提供を行っています。実例として、平成27年11月に全国で唯一の施設として、厚生労働省の先進医療Bとして実施することが認められました、『正コレステロール血症を呈する従来治療抵抗性閉塞性動脈硬化症に対する、LDLアフェレシス療法試験(LETS-PAD研究;UMIN000021684)』が挙げられます※。
※参考:厚生労働省 先進医療の概要

主な治療実績・専門外来・検査等

診療の特色

附属病院腎臓・高血圧内科/血液浄化センターでは、腎臓・高血圧領域の深い専門性を有すると同時に、以前の医学部旧第二内科学教室(現在の医学部循環器・腎臓内科学教室)が臓器別に分かれる以前から伝統的に持っていた、単独臓器だけではなく、総合的に内科学全般から患者さんの診療を担当させていただく姿勢が保たれています。県内に多い協力施設からの難治性疾患や合併症を抱えた困難例の紹介も多く、同じ循環器・腎臓内科学教室に所属する循環器内科および病院内の関連各科や横浜市立大学附属市民総合医療センター心臓血管センター、腎臓・高血圧内科/血液浄化療法部などとも連携の上、全人的、総合的視点で患者さん中心の医療を遂行しています。また、当科には、内科学会総合内科専門医・認定医・指導医、腎臓学会腎臓専門医・指導医、循環器学会専門医、内分泌学会内分泌代謝科専門医・指導医、老年医学会認定老年病専門医・指導医、透析医学会専門医・指導医、高血圧学会専門医・指導医、日本アフェレシス学会認定血漿交換療法専門医が在籍し、腎臓学会、内分泌学会、老年医学会、透析医学会、高血圧学会、アフェレシス学会の認定施設として、診療だけでなく、専門医の育成も行っています。

主な対象疾患

生活習慣病、動脈硬化症、急性腎障害、慢性腎臓病(含む、透析アクセス手術、血液・腹膜透析、透析合併症)、腎炎・ネフローゼ、血管炎・膠原病、治療抵抗性・二次性高血圧、血漿交換吸着療法、など、腎臓・高血圧領域に限らず広く“心血管腎臓病”に対応しますので、お気軽にご相談ください。

高度先進医療など

高度先進医療として、腎臓・高血圧内科/血液浄化センターでは厚生労働省の先進医療B(新規技術)として、保険適応がない「正コレステロール血症を呈する従来治療抵抗性閉塞性動脈硬化症に対するデキストラン硫酸カラムを用いたLDLアフェレシス療法(LETS-PAD研究;UMIN000021684)」を、全国で唯一当院においてのみ実施中です。また、薬物療法のみで治療が困難な難病に対して、血漿交換療法や、血漿吸着療法を施行しています。 悪性関節リウマチ、全身性エリテマトーデスなどの膠原病、重症筋無力症や、ギランバレー症候群などの神経筋疾患、川崎病などの小児疾患、尋常性天疱瘡などの皮膚疾患が対象です。また、救急受診された急性腎障害や末期腎不全(尿毒症)の緊急的な治療が必要な患者さんに対する緊急的血液浄化療法に対応し、集中治療病棟(ICU、CCU)での重症急性腎障害や末期腎不全の患者さんや侵襲の大きい外科手術後透析患者さんには、持続的血液濾過療法を積極的に施行し、救命率を高めています。さらには、分子病態診断(成因遺伝子解析、発現プロファイリング)、臨床病態診断(診察室外血圧測定を活用した血圧変動、最新検査手法を活用した心血管腎機能の詳細評価)による個人の病態評価に基づき治療効果の最適化を図る診療による究極的なテーラーメード治療もめざしています。

外来

初診の患者さんの診察は、腎臓・高血圧疾患専門の医師が、月曜日から金曜日の毎日午前中に行っています。また、普段かかりつけの先生からのファックス、電話によるご連絡によります紹介患者さんの初診予約も可能です。
かかりつけの先生からの初診予約申込先:医療連携室 病院代表045-787-2800(内線8995)、受付時間 平日9:00~17:00
また、再診の患者さんの診察日は月曜日から金曜日の毎日午前・午後ですが、平日の時間外、休診日でも初診・再診を問わず救急患者さんの診療も行っています。
・田村主任教授/診療科部長:火、水午前
・戸谷准教授/血液浄化センター部長:火午前
・腹膜透析療法外来:火、木
・血漿交換・血漿吸着療法外来:火、木
・血液透析療法外来:月~土
・末梢動脈疾患先進医療外来:水午後
・糖尿病透析予防外来:月~金
・糖尿病・高血圧外来:水午後
・腎不全療法選択外来:木午後
・のう胞腎外来:木午後

ホームページ

ページトップへ