{

HOME  > 診療科・部門案内  > 診療部門  > 心臓血管外科・小児循環器

心臓血管外科・小児循環器

診療案内

心臓血管外科グループ

成人先天性心疾患
成人心臓病(狭心症・心筋梗塞などの虚血性心疾患、心臓弁膜症)
大動脈疾患(胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤など)

小児循環器グループ

先天性心疾患
小児不整脈
心筋症
川崎病
原発性肺高血圧症など

特殊検査・処置・入院・手術のご案内

成人心臓病

狭心症・心筋梗塞などの虚血性心疾患では、循環器内科で検査、診断(心臓エコー検査、心臓カテーテル検査等)が行われます。人工心肺を使用する手術(オンポンプバイパス)と使用しない手術(オフポンプバイパス)は、患者さんの状態によって適宜使い分けをしています。
弁膜症では、僧帽弁病変と三尖弁病変には原則として弁形成術を第一選択とし(第二選択は人工弁置換術)、大動脈弁病変には原則として人工弁置換術が選択されます。また人工弁には生体弁と機械弁の二種類があります。患者さんの年齢や病変の程度などから、患者さん、ご家族と相談して種類を選択しています。
大動脈疾患(胸部大動脈瘤・腹部大動脈瘤)には、外科手術による人工血管置換術とカテ−テル治療であるステントグラフト内挿術があります。病変の範囲、形態などにより、より適切な治療を選択して施行しております。大動脈瘤破裂や急性大動脈解離は、患者さんの救命に迅速な外科治療が必要であり、24時間体制で緊急手術に対応しております。

小児心臓病

先天性心疾患全般、小児不整脈、心筋症、川崎病、原発性肺高血圧などを対象としています。また出生前の心臓超音波検査による胎児診断や、横浜市および神奈川県下の学校検診の精密検査も行っています。心臓カテーテル検査は年間約150例、カテーテル治療は約30-40例施行しています。カテーテル治療としては動脈管のコイル塞栓、心房中隔欠損に対するカテーテルディバイス閉鎖術や、肺動脈弁狭窄症、大動脈弁狭窄症などに対するバルーン形成術などを行っています。
不整脈ではWPW症候群・房室結節回帰性頻拍症などに対するカテーテル治療を、また徐脈性不整脈(完全房室ブロック、洞機能不全症候群)に対するペースメーカー治療や、心不全に対する心臓再同期治療CRTや致死的不整脈に対する植込み型除細動器治療も行っています。QT延長症候群の診断・治療は、国内でも有数の症例数を経験しています。
現在まで先天性心疾患に対する手術件数は1,400例を超えています。心室中隔欠損症、心房中隔欠損、ファロー四徴症などの頻度が高い疾患のみならず、新生児期に手術が必要な複雑心奇形を含むすべての先天性心疾患に対応し‘’安全かつupdateされた手術‘’を目標に治療しています。また幼小児期に手術を受けられた後、成人期に到達した方の再手術・再治療症例や、成人期になり診断がついた「成人先天性心疾患」の患者さんが近年は増加しており、小児循環器科、循環器内科、心臓血管外科で構成されたハートチ−ムで患者さんにとって最良の治療を選択し実施しています。

当科の特徴

出生直後の赤ちゃんから成人、そして80歳を超える高齢者にいたるまで幅広い年齢層を対象として、心臓病の診断と内科的・外科的治療を総合的に行っています。
入院治療は年齢や重症度に応じて、心臓血管外科病棟(主として成人の方)または小児病棟、あるいは集中治療室(ICU)や新生児集中治療室(NICU)にて行っています。
手術は、心臓血管外科専門医が、心臓麻酔を専門とする麻酔科医および医学工学士(ME)との緊密な連携のもとに実施いたします。ICU治療が専門の集中治療部医師、NICU治療が専門の新生児科医師との協力体制も緊密に整えられており、患者さん、ご家族の方には、安心して治療を任せていただけることと思います。

紹介していただく時の留意事項

患者さんを紹介される際は診療情報提供書(紹介状)と共に可能であれば画像データを持参いただくようお願いいたします。

専門外来・セカンドオピニオン

専門外来初診日

■心臓血管外科外来
火・木 午前9:00~11:00※1
(上記以外の曜日でも紹介状があれば対応可能です。事前にご相談ください。)
■小児循環器外来
火 午前9:00~11:00※1
水 午後12:30~15:00※2
■成人先天性心疾患外来
水 午後12:30~15:00
※1 午前8:30~10:30 の間に患者サポートセンターで初診手続きをお済ませください。
※2 小学生以上対象。初診手続きについては患者サポートセンターにお問い合せください。

ページトップへ