ナビゲーションをスキップして本文へ
  • English
  • 通常版
  • テキスト版
  • 交通・キャンパス案内
  • サイトマップ
  • 大学トップ

研究者検索


ここから本文

HOME  > 知的財産・特許  > 嶋田幸久教授らの研究成果が、日本で特許として成立しました。

嶋田幸久教授らの研究成果が、日本で特許として成立しました。

本学木原生物学研究所の嶋田幸久教授らが、国立研究開発法人理化学研究所及び国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構と共同出願していた下記の特許が、2016年11月11日付で日本において特許権として登録されました。なお、本件は既に米国及び中国で特許権として成立しており、欧州においては審査請求中です。

発明の名称オーキシン生合成阻害剤
出願日 2012年2月28日
発明者 嶋田幸久、喜久里貢、成川恵(浅見忠男(国立研究開発法人理化学研究所)、添野和雄(国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構))
登録日 2016年11月11日
番号 第6037392号
特許成立国 日本
内容 既存のL-AOPPよりも優れたオーキシン生合成阻害剤を提供する。