ナビゲーションをスキップして本文へ
  • English
  • 通常版
  • テキスト版
  • 交通・キャンパス案内
  • サイトマップ
  • 大学トップ

研究者検索


ここから本文

HOME  > 知的財産・特許  > 学術院国際総合科学群 平野久教授・荒川憲昭助教らの研究成果が特許として成立しました!

学術院国際総合科学群 平野久教授・荒川憲昭助教らの研究成果が特許として成立しました!

 学術院国際総合科学群 平野久教授、荒川憲昭助教らが出願していた下記の特許が、2013年3月22日付で特許庁から特許権として設定登録されました。

発明の名称卵巣明細胞癌に特異的に発現しているタンパク質とその応用
出願日 2011年2月18日
発明者 荒川憲昭、増石有佑、山中結子、平野久、川崎博史、平原史樹、宮城悦子
登録日 2013年3月22日
番号 特許第5224308号及び特許第5224309号
特許成立国 日本
内容 悪性度の高い卵巣明細胞腺癌細胞が特異的に産生しているタンパク質を診断マーカー及び創薬ターゲットとして使用する技術